2016/5/23

第5回立川いったい音楽まつり  佐藤豪(ソロ)

5月22日(日)
第5回立川いったい音楽まつり

多摩モノレール立川南駅

1.劇画オバQ
2.立川いったい音楽まつり
3.サルビアの花(早川義夫)
4.ハ・ラ・カ・ラ

さくら

1.金魚のフン
2.刈り込みマシーン
3.中学生日記
4.割愛
5.GO!GO!ショアッ!
6.ま・く・れ
7.競艇なんて
8.ハ・ラ・カ・ラ


えーとー
さくら以外でやるのは最初のラーメンスクエア以来で。
ラーメンスクエアで「立川〜」をやる予定だったけど、閑散とした雰囲気を見てそういう曲やるよりもいかにして客足を止めるかという勝負がしたくなって取りやめた。
その後のさくらで初披露して共演者やお客さんにも恵まれたけど大好評で終わった。
今回は出来るだろうと思ったが、到着して他の方のライブで様子を見ていたがやはりそんな曲をやっても面白くなさそうな場所。

出来るなら(何処か知らないけど)金髪がPAやってる会場とか、もっと人が集まって注目されるような委員長が観てる様な会場でやりたい。

考えながら出番まで過ごして(ヤケクソ日記を参照)結局は最初に決めたセットリストに。

やってみたけどどうなんだろうね。通行人には関係の無い話だよね。
ギター抱えた知らない出演者らしき人がズーーッと最初から観ていたけど何を思ったんだろうね?
因みに「サルビアの花」も「ハ・ラ・カ・ラ」も、人が止まる率は変わらないように感じた。
あからさまに差はつかなかったよ。
それは「知ってる曲だからって止まるわけじゃない」って事なのか「オリジナルでも立派に足を止める事だって出来るんだ」って事なのか。
分かりませんけどね。

みなさんもやってみたらどうなんでしょう。

どこかの出演者ですけどコピーやってよかったのに次にオリジナルやったらそうでもなかったって言う感想も聞きますけど。


動画を見たけど改札から出てくる人達がオレを見る反応がとても面白かった。

さくらの方は、去年が盛り上がりすぎて。
「ハ・ラ・カ・ラ」は別として去年やらなかった曲を入れようと考えていた。
「競艇なんて」は紙芝居が新しい方だったんで入れた。
本当は「牛殺し」をやるつもりだった。
しかし、大山先生の紙芝居を忘れた。
ちなみにブロックは用意していた。
絵がないとどうも「大山先生〜〜〜!」って呼び出して始めるからなんとも締まらない。

来年やることにした。
代わりというか「刈り込み〜」と「エルム〜」を予備で用意していたんで、常連さんが連れてきたお客さんの期待値も考えて「刈り込み」にした。

そんで新曲だ。
剛竜馬の曲「GO!GO!ショアッ!」は歌詞が覚えられなくて大失敗。
紙芝居も追加の部分は「さくらで描いちゃおう」と思っててそれを忘れてたんでシラフさんのライブ中に描く有様。
完成して熟練するにはまだまだ。
「ま・く・れ」はなんとなく上手くいきました。

去年のように大盛り上がりとは行きませんでしたがもともとのさくらの常連のお客さんがライブのほうでもリピーターになりそうな、そんな予感がした落ち着いた感じで良かったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


動員:10〜未知数 ワンマン:1 さくら:1 ライター:10
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ