通勤電車 

月刊『アイ・エム・プレス』の発行などを通じて、過去30年以上にわたり国内外の「お客さまとの“対話”に基づく企業活動」を取材・リポートしてきた西村道子が、日常の中で感じたこと、考えたことを、“オン”と“オフ”をつなぐ「通勤電車」のノリで紹介しています。

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

QRコード

ブログサービス

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:impress
金森さん

つぶやきブログにコメントいただいて、ありがとうございます。

ご指摘の通りだと思います。完成度が高いと突っ込む隙がない。でも、一方で、ポイントを付いていると、反響がある場合もありますね。
投稿者:金森努
>ブログを書いておられる皆さん、どう思われますか?

たぶん、こんな感じの問いかけや、コンテンツ(記事)自体に「突っ込みどころ」がある内容ならコメントが多くなるのだと思います。

かくいう私のBlogはかなりコメントを頂けない状態なのです。
知人に聞いたところ、「突っ込みどころが少ないから読むだけにしてる」とのこと。
確かに、過半は商業誌やサイトで執筆した原稿の転載なので、自分でいうのも何ですが(担当編集者やデスクのチェックを経た内容ですし)完成度は高い(ハズ。)
書下ろしにしても、一応Blogを自社のWEBサイト代わりにしている以上、気合いを入れて書いているときが多いです。
が、やはり時々、ポロッと何気なしにつぶやきめいた記事を掲出すると、そういうものに限ってコメントがたくさん付いたりします。
(自分としては「つぶやき系」はミクシイでやると決めているのですが、時々境が曖昧になります)

やはりBlogの場合、「ある程度の緩さ」が必要なのかもしれないですね。

本来、「カチカチの公式Web」「ちょいと緩めのBlog」「完全なプライベートなSNS」という3つの使い分けがよいのでしょうが・・・。


http://kmo.air-nifty.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ