2011/3/7  12:39

研究室より  〜2011年:ノンジャンル

見直しは1回だけしました。これからメールを作成・送信します。

卒論は放置していたので是から頑張ります。

■追記
メールを送信しました。ご確認よろしくお願いします。

自分へのご褒美に「トイ・ストーリー3」を観ました。

最後、みんながピンチになった時の

熊のぬいぐるみの判断が印象に残っています。

良かったですね〜

■■□□□□□□
>〜BW実例26(自分のポケモンBが相手のポケモンaに対して攻撃技を当て逃げし、
>すぐにポケモンAに交代することによって、その後のポケモンA対ポケモンaの
>1対1のバトルを有利に戦う例)〜

【自分のポケモン(場)】
ブルンゲル 持ち物:無し 特性:のろわれボディ 性格:ずぶとい
 技:ねっとう・ちょうはつ・おにび・じこさいせい
 努力値 HP:244 防御:244 特攻:20
 実数値 HP:206 攻撃:72 防御:133 特攻:108 特防:125 素早さ:80

【自分のポケモン(控)】
テラキオン 持ち物:無し 特性:せいぎのこころ 性格:ようき
 技:ストーンエッジ
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:167 攻撃:181 防御:110 特攻:82 特防:110 素早さ:176

【相手のポケモン(場)】
メタグロス 持ち物:無し 特性:クリアボディ 性格:いじっぱり
 技:コメットパンチ
 努力値 HP:252 攻撃:140 特防:116
 実数値 HP:187 攻撃:190 防御:150 特攻:103 特防:125 素早さ:90

【相手のポケモン(控)】
シャンデラ 持ち物:きあいのタスキ 特性:もらいび 性格:ひかえめ
 技:シャドーボール
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:136 攻撃:67 防御:110 特攻:216 特防:110 素早さ:132

【ダメージ計算】
 自分のブルンゲルのねっとう→相手のシャンデラに90〜108のダメージ
 自分のテラキオンのストーンエッジ→相手のシャンデラに186〜222のダメージ。

 相手のメタグロスのコメットパンチ→自分のブルンゲルに40〜48のダメージ。
 相手のシャンデラのシャドーボール→自分のブルンゲルに156〜186のダメージ
 相手のシャンデラのシャドーボール→自分のテラキオンに90〜106のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ブルンゲル」:おにび
  相手「メタグロス」から「シャンデラ」に交代

 Trun2
  自分「ブルンゲル」から「テラキオン」に交代
  相手「シャンデラ」:シャドーボール

 Trun3
  自分「テラキオン」:ストーンエッジ
  相手「シャンデラ」:シャドーボール
  自分「テラキオン」は倒れた

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ブルンゲル」:ねっとう
  相手「メタグロス」から「シャンデラ」に交代

 Trun2
  自分「ブルンゲル」から「テラキオン」に交代
  相手「シャンデラ」:シャドーボール

 Trun3
  自分「テラキオン」:ストーンエッジ
  相手「シャンデラ」は倒れた


・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 自分の「ブルンゲル」が「ねっとう」を使わない場合は、
 自分のテラキオンが相手の「シャンデラ」に負けてしまうが、
 「ねっとう」を使う場合は勝つことができる。


■■□□□□□□□
>〜BW実例27(自分のポケモンBを相手のポケモンaの攻撃技で倒させて、
>ポケモンAを死に出しすることで、ポケモンA対ポケモンaの1対1のバトルを有利に戦う例)〜

【自分のポケモン(場)】
シャンデラ 持ち物:こだわりスカーフ 特性:もらいび 性格:おくびょう
 技:シャドーボール
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:136 攻撃:67 防御:110 特攻:197 特防:110 素早さ:145

【自分のポケモン(控)】
テラキオン 持ち物:きあいのタスキ 特性:せいぎのこころ 性格:ようき
 技:インファイト
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:167 攻撃:181 防御:110 特攻:82 特防:110 素早さ:176

【相手のポケモン(場)】
ラティアス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:なみのり
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:90 防御:110 特攻:162 特防:150 素早さ:178

【ダメージ計算】
 自分のテラキオンのインファイト→相手のラティアスに55〜66のダメージ。
 自分のシャンデラのシャドーボール→相手のラティアスに120〜144のダメージ。

 相手のラティアスのなみのり→自分のシャンデラに158〜188のダメージ。
 相手のラティアスのなみのり→自分のテラキオンに158〜188のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「シャンデラ」から「テラキオン」に交代
  相手「ラティアス」:なみのり

 Turn2
  相手「ラティアス」:なみのり
  自分「テラキオン」は倒れた
  自分「シャンデラ」に交代

 Turn3
  自分「シャンデラ」:シャドーボール
  相手「ラティアス」:なみのり
  自分「シャンデラ」は倒れた

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「シャンデラ」:シャドーボール
  相手「ラティアス」:なみのり
  自分「シャンデラ」は倒れた
  自分「テラキオン」に交代

 Turn2
  自分「テラキオン」:インファイト
  相手「ラティアス」:なみのり
  相手「ラティアス」は倒れた

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 自分の「シャンデラ」が交代する場合は、負けてしまうが、
 「シャドーボール」を使う場合は勝つことができる。


■■□□□□□□□□
>〜BW実例28(自分のポケモンBで相手のポケモンaに対して「じばく」「だいばくはつ」し
>(この時点では相手のポケモンaは倒れない)、ポケモンAを死に出しすることで、
>ポケモンA対ポケモンaの1対1のバトルを有利に戦う例 金銀で言うと、
>「リボンフォレトスの大爆発でカビゴンのHPを削りつつサンダーを死に出しする→
>サンダーの先手10万Vでカビゴンを倒す」という例)〜

【自分のポケモン(場)】
メタグロス 持ち物:無し 特性:クリアボディ 性格:いじっぱり
 技:だいばくはつ・コメットパンチ・じしん
 努力値 HP:252 攻撃:140 特防:116
 実数値 HP:187 攻撃:190 防御:150 特攻:103 特防:125 素早さ:90

【自分のポケモン(控)】
ラティオス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:りゅうせいぐん
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:99 防御:100 特攻:182 特防:130 素早さ:178

【相手のポケモン(場)】
サンダー 持ち物:無し 特性:プレッシャー 性格:おくびょう
 技:10まんボルト・めざめるパワー氷・はねやすめ・みがわり
 努力値 HP:252 特攻:80 特防:156 素早さ:20
 実数値 HP:197 攻撃:99 防御:105 特攻:155 特防:130 素早さ:135

【ダメージ計算】
 自分のメタグロスのだいばくはつ→相手のサンダーに170〜201のダメージ。
 自分のメタグロスのコメットパンチ→相手のサンダーに51〜60のダメージ。
 自分のラティオスのりゅうせいぐん→相手のサンダーに166〜196のダメージ。

 相手のサンダーの10まんボルト→自分のメタグロスに67〜79のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「メタグロス」:コメットパンチ
  相手「サンダー」:10まんボルト

 Turn2
  自分「メタグロス」:じしん
  相手「サンダー」:みがわり

 Turn3
  自分「メタグロス」:コメットパンチ
  相手「サンダー」:はねやすめ

 Turn4
  自分「メタグロス」:コメットパンチ
  相手「サンダー」:10まんボルト

 Turn5
  自分「メタグロス」:じしん
  相手「サンダー」:みがわり

 Turn6
  自分「メタグロス」:コメットパンチ
  相手「サンダー」:10まんボルト
  自分「ラティオス」に交代

 Turn7
  自分「ラティオス」:りゅうせいぐん
  相手「サンダー」:はねやすめ

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「メタグロス」:だいばくはつ
  相手「サンダー」:10まんボルト
  自分「メタグロス」:倒れる
  自分「ラティオス」に交代

 Turn2
  自分「ラティオス」:りゅうせいぐん
  相手「サンダー」は倒れた

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 自分の「メタグロス」が「だいばくはつ」を使うことにより
 自分の「ラティオス」がサンダーに勝つことができる。

※メタグロス調整
 182ラティオス@こだわりメガネのなみのり2発耐え。
※サンダー調整
 182ラティオス@こだわりメガネのりゅうせいぐん耐え、キノガッサ抜き、残り特攻。


■■□□□□□□□□□
>〜BW実例29(自分のポケモンBが相手のポケモンaに対して補助技を当て逃げし、すぐにポケモンAに
>交代することによって、その後のポケモンA対ポケモンaの1対1のバトルを有利に戦う例)〜

【自分のポケモン(場)】
ボルトロス 持ち物:たつじんのおび 特性:いたずらごころ 性格:むじゃき
 技:10まんボルト・めざめるパワー氷・アームハンマー・でんじは
 努力値 HP:92 特攻:164 素早さ:252
 実数値 HP:166 攻撃:135 防御:90 特攻:166 特防:90 素早さ:179

【自分のポケモン(控)】
ヘラクロス 持ち物:こだわりハチマキ 特性:こんじょう 性格:いじっぱり
 技:メガホーン
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:194 防御:95 特攻:54 特防:115 素早さ:137

【相手のポケモン(場)】
ライコウ 持ち物:たべのこし 特性:プレッシャー 性格:おくびょう
 技:10まんボルト・めざめるパワー氷・みがわり・めいそう
 努力値 HP:124 防御:8 特攻:116 特防:4 素早さ:252 余り:4 性格:おくびょう
 実数値 HP:181 攻撃:94 防御:96 特攻:150 特防:121 素早さ:183

【ダメージ計算】
 自分のヘラクロスのメガホーン→相手のライコウに207〜244のダメージ。
 自分のボルトロスの10まんボルト→相手のライコウに37〜44のダメージ。

 相手のライコウの10まんボルト→自分のボルトロスに90〜106のダメージ。
 相手のライコウの10まんボルト→自分のヘラクロスに70〜84のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ボルトロス」:10まんボルト
  相手「ライコウ」:めいそう

 Turn2
  自分「ボルトロス」:10まんボルト
  相手「ライコウ」:めいそう

 Turn3
  自分「ボルトロス」:10まんボルト
  相手「ライコウ」:めいそう

 Turn4
  相手「ライコウ」:10まんボルト
  自分「ボルトロス」は倒れた
  自分「ヘラクロス」に交代

Turn5
  相手「ライコウ」:10まんボルト
  自分「ヘラクロス」は倒れた

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ボルトロス」:でんじは
  相手「ライコウ」:めいそう

 Turn2
  自分「ボルトロス」から「ヘラクロス」に交代
  相手「ライコウ」:10まんボルト

Turn3
  自分「ヘラクロス」:メガホーン
  相手「ライコウ」は倒れた

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 自分の「ボルトロス」が「でんじは」を使うことで勝つことができる。

※ボルトロス調整
 めざめるパワー氷で106-201ガブリアス確定1発。
※ライコウ調整
 127ハピナスの冷凍ビーム(最大乱数を除く)を身代わりが耐え、
 10まんボルト(最小乱数を除く)で133-187メタグロスを確定3発。


■■■
〜BW実例30(自分のポケモンBが相手のポケモンaに対して数ターン居座って補助技を打ってから、
>ポケモンAに交代することによって、その後のポケモンA対ポケモンaの1対1のバトルを有利に戦う例)〜

【自分のポケモン(場)】
ヘラクロス 持ち物:無し 特性:こんじょう 性格:いじっぱり
 技:メガホーン・インファイト・にほんばれ
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:194 防御:95 特攻:54 特防:115 素早さ:137

【自分のポケモン(控)】
シャンデラ 持ち物:こだわりスカーフ 特性:もらいび 性格:ひかえめ
 技:シャドーボール
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:136 攻撃:67 防御:110 特攻:216 特防:110 素早さ:132

【相手のポケモン(場)】
ブルンゲル 持ち物:無し 特性:のろわれボディ 性格:ずぶとい
 技:ハイドロポンプ・じこさいせい
 努力値 HP:244 防御:244 特攻:20
 実数値 HP:206 攻撃:72 防御:133 特攻:108 特防:125 素早さ:80

【ダメージ計算】
 216シャンデラのシャドーボール→125-206ブルンゲル確定2発。156〜186
 194ヘラクロスのメガホーン→133-206ブルンゲルに50〜59

 相手のブルンゲルのハイドロポンプ→自分のヘラクロスに64〜76のダメージ。
  ※晴れの場合は31〜37のダメージ。
 相手のブルンゲルのハイドロポンプ→自分のシャンデラに132〜156のダメージ。
  ※晴れの場合は66〜78のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ヘラクロス」:メガホーン
  自分「ブルンゲル」のろわれボディ発動
  相手「ブルンゲル」:ハイドロポンプ

 Turn2
  自分「ヘラクロス」:インファイト
  相手「ブルンゲル」:じこさいせい

 Turn3
  自分「ヘラクロス」:インファイト
  相手「ブルンゲル」:ハイドロポンプ

 Turn4
  自分「ヘラクロス」:インファイト
  相手「ブルンゲル」:ハイドロポンプ
  自分「ヘラクロス」は倒れた
  自分「シャンデラ」に交代

 Turn5
  自分「シャンデラ」:シャドーボール
  相手「ブルンゲル」:ハイドロポンプ
  自分「シャンデラ」は倒れた

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ヘラクロス」:にほんばれ
  相手「ブルンゲル」:ハイドロポンプ

 Turn2
  自分「ヘラクロス」:メガホーン
  自分「ブルンゲル」のろわれボディ発動
  相手「ブルンゲル」:ハイドロポンプ

 Turn3
  自分「ヘラクロス」から「シャンデラ」に交代
  相手「ブルンゲル」:ハイドロポンプ

 Turn4
  自分「シャンデラ」:シャドーボール
  相手「ブルンゲル」は倒れた

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 自分の「ヘラクロス」が「にほんばれ」を使うことで勝つことができる。

※ブルンゲル調整
 ドリュウズ@ランク+2のじしん耐え、ハイドロポンプで111-135シャンデラ乱数1発。


■■■□
>〜BW実例31(相手のポケモンaに対して、自分はポケモンCからポケモンBに交代し、
>ポケモンBで数ターン居座って補助技を打ってから、ポケモンAに交代することによって、
>その後のポケモンA対ポケモンaの1対1のバトルを有利に戦う例)〜

【自分のポケモン(場)】
サザンドラ 持ち物:なし 特性:ふゆう 性格:ひかえめ
 技:りゅうせいぐん
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:168 攻撃:112 防御:110 特攻:194 特防:110 素早さ:150

【自分のポケモン(控)】
ソーナンス 持ち物:オボンのみ 特性:かげふみ 性格:おだやか
 技:アンコール・ミラーコート
 努力値 HP:4 防御:252 特防:252
 実数値 HP:266 攻撃:47 防御:110 特攻:53 特防:121 素早さ:53

【自分のポケモン(控)】
パルシェン 持ち物:こだわりハチマキ 特性:スキルリンク 性格:ようき
 技:つららばり
 努力値 攻撃:252 防御:4 素早さ:252
 実数値 HP:125 攻撃:147 防御:201 特攻:94 特防:65 素早さ:134

【相手のポケモン(場)】
ライコウ 持ち物:たべのこし 特性:プレッシャー 性格:おくびょう
 技:10まんボルト・めざめるパワー氷・みがわり・めいそう
 努力値 HP:124 防御:8 特攻:116 特防:4 素早さ:252 余り:4 性格:おくびょう
 実数値 HP:181 攻撃:94 防御:96 特攻:150 特防:121 素早さ:183

【ダメージ計算】
 自分のパルシェンのつららばり→相手のライコウに165〜200のダメージ。
 自分のサザンドラのりゅうせいぐん→相手のライコウに127〜150のダメージ。
  ※ライコウの特防ランク+1の場合は85〜102のダメージ。

 相手のライコウのめざめるパワー氷→自分のサザンドラに74〜88のダメージ。
  ※ライコウの特攻ランク+1の場合は110〜130のダメージ。
 相手のライコウの10まんボルト→自分のソーナンスに67〜79のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「サザンドラ」:りゅうせいぐん
  相手「ライコウ」:めいそう

 Turn2
  自分「サザンドラ」:りゅうせいぐん
  相手「ライコウ」:めざめるパワー氷

 Turn3
  相手「ライコウ」:めざめるパワー氷
  自分「サザンドラ」は倒れた
  自分「サザンドラ」から「パルシェン」に交代

 Turn4
  相手「ライコウ」:10まんボルト
  自分「パルシェン」は倒れた
  自分「パルシェン」から「ソーナンス」に交代

 Turn5
  自分「ソーナンス」:ミラーコート
  相手「ライコウ」:みがわり

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「サザンドラ」から「ソーナンス」に交代
  相手「ライコウ」:めいそう

 Turn2
  自分「ソーナンス」:アンコール
  相手「ライコウ」:めいそう

 Turn3
  自分「ソーナンス」から「パルシェン」に交代
  相手「ライコウ」:めいそう

 Turn4
  自分「パルシェン」:つららばり
  相手「ライコウ」:めいそう
  相手「ライコウ」は倒れた

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 自分の「ソーナンス」が「アンコール」を使うことで勝てる。

※ライコウ調整
 127ハピナスの冷凍ビーム(最大乱数を除く)を身代わりが耐え、
 10まんボルト(最小乱数を除く)で133-187メタグロスを確定3発。


■■■□□
>〜BW実例32(相手のポケモンaに対して、自分は交代先のポケモンに攻撃技や補助技を
>当てられるのを防ぐために後攻で技を使い、ポケモンBからポケモンAに交代することによって、
>その後のポケモンA対ポケモンaの1対1のバトルを有利に戦う例 ハッサムのとんぼがえりの例は有名なはず)〜

【自分のポケモン(場)】
ハッサム 持ち物:オッカのみ 特性:テクニシャン 性格:いじっぱり
 技:とんぼがえり
 努力値 HP:252 攻撃:4 特防:252
 実数値 HP:177 攻撃:166 防御:120 特攻:67 特防:132 素早さ:85

【自分のポケモン(控)】
ラティオス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:りゅうせいぐん
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:99 防御:100 特攻:182 特防:130 素早さ:178

【相手のポケモン(場)】
サンダー 持ち物:無し 特性:プレッシャー 性格:おくびょう
 技:10まんボルト・めざめるパワー氷・はねやすめ
 努力値 HP:252 特攻:80 特防:156 素早さ:20
 実数値 HP:197 攻撃:99 防御:105 特攻:155 特防:130 素早さ:135

【ダメージ計算】
 自分のハッサムのとんぼがえり→相手のサンダーに31〜37ダメージ。
 自分のラティオスのりゅうせいぐん→相手のサンダーに166〜196ダメージ。
  ※特攻ランク-2の場合は84〜99のダメージ。-4の場合は55〜66のダメージ。

 相手のサンダーの10まんボルト→自分のハッサムに64〜76のダメージ。
 相手のサンダーの10まんボルト→自分のラティオスに32〜38のダメージ。
 相手のサンダーのめざめるパワー氷→自分のラティオスに64〜76のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ハッサム」から「ラティオス」に交代
  相手「サンダー」:10まんボルト

 Turn2
  自分「ラティオス」:りゅうせいぐん
  相手「サンダー」:はねやすめ

 Turn3
  自分「ラティオス」:りゅうせいぐん
  相手「サンダー」:はねやすめ

 Turn4
  自分「ラティオス」:りゅうせいぐん
  相手「サンダー」:はねやすめ

 Turn4
  自分「ラティオス」:りゅうせいぐん
  相手「サンダー」:はねやすめ

 相手のサンダーを倒せない。

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ハッサム」:とんぼがえり
  相手「サンダー」:10まんボルト
  自分「ハッサム」から「ラティオス」に交代

 Turn2
  自分「ラティオス」:りゅうせいぐん
  相手「サンダー」は倒れた

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 「とんぼがえり」のダメージによって、「りゅうせいぐん」でサンダーを倒せるようになる。

※サンダー調整
 182ラティオス@こだわりメガネのりゅうせいぐん耐え、キノガッサ抜き、残り特攻。


■■■□□□
>〜BW実例33(自分のポケモンBと相手のポケモンaが対峙し、次のターンに自分はポケモンAに交代するが、
>ここで相手のポケモンaがポケモンBに対して有効でポケモンAに対して有効でない攻撃技を打つことで、
>その後のポケモンA対ポケモンaの1対1のバトルが有利になる例)〜

【自分のポケモン(場)】
パルシェン 持ち物:こだわりハチマキ 特性:スキルリンク 性格:ようき
 技:つららばり
 努力値 攻撃:252 防御:4 素早さ:252
 実数値 HP:125 攻撃:147 防御:201 特攻:94 特防:65 素早さ:134

【自分のポケモン(控)】
ナットレイ 持ち物:たべのこし 特性:てつのトゲ 性格:おだやか
 技:でんじは・みがわり・やどりぎのタネ・めざめるパワー炎
 努力値 HP:228 防御12 特防:140 素早さ:128
 実数値 HP:178 攻撃:102 防御:153 特攻:74 特防:169 素早さ:56

【相手のポケモン(場)】
ラティオス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:りゅうせいぐん・めざめるパワー炎
 努力値 HP:20 特攻:244 素早さ:244
 実数値 HP:158 攻撃:99 防御:100 特攻:181 特防:130 素早さ:177

【相手のポケモン(控)】
ガブリアス 持ち物:たべのこし 特性:すながくれ 性格:ようき
 技:ダブルチョップ・じしん・つるぎのまい・みがわり
 努力値 HP:140 攻撃:108 防御:4 特防:4 素早さ:252
 実数値 HP:201 攻撃:164 防御:116 特攻:90 特防:106 素早さ:169

【ダメージ計算】
 自分のパルシェンのつららばり→相手のラティオスに330〜390のダメージ。

 相手のラティオスのりゅうせいぐん→自分のパルシェンに328〜387のダメージ。
 相手のラティオスのめざめるパワー炎→自分のパルシェンに110〜130のダメージ。
 相手のラティオスのりゅうせいぐん→自分のナットレイに63〜75のダメージ。
  ※特攻ランク-2の場合は32〜38のダメージ。
 相手のラティオスのめざめるパワー炎→自分のナットレイに172〜204のダメージ。

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「パルシェン」から「ナットレイ」に交代
  相手「ラティオス」:りゅうせいぐん

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 ナットレイがいることでラティオスはりゅうせいぐんを選び難くなります。
 めざめるパワー炎ではパルシェンを倒せない可能性が高いです。

※ナットレイの調整
181ラティオス@命の珠のめざめるパワー炎耐え、
防御に振って205ドリュウズの地震のダメージを軽減、
残りを素早さに振ることで麻痺スカーフシャンデラを抜ける。


■■■□□□□
〜BW実例34(自分のポケモンCと相手のポケモンaが対峙し、次のターンに自分はポケモンBに
>交代するが、ここで相手のポケモンaはポケモンCに対して有効でポケモンBに対して
>有効でない攻撃技を打つとする。次のターンで自分はポケモンAに交代するが、
>ここでポケモンaはポケモンBに対して有効でポケモンAに対して有効でない攻撃技を打つとする。
>このようにして、その後のポケモンA対ポケモンaの1対1のバトルが有利になる例)〜

【自分のポケモン(場)】
テラキオン 持ち物:きあいのタスキ 特性:せいぎのこころ 性格:ようき
 技:インファイト
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:167 攻撃:181 防御:110 特攻:82 特防:110 素早さ:176

【自分のポケモン(控)】
ハッサム 持ち物:オッカのみ 特性:テクニシャン 性格:いじっぱり
 技:とんぼがえり
 努力値 HP:252 攻撃:4 特防:252
 実数値 HP:177 攻撃:166 防御:120 特攻:67 特防:132 素早さ:85

【自分のポケモン(控)】
サザンドラ 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:ひかえめ
 技:だいもんじ・りゅうせいぐん
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:168 攻撃:112 防御:110 特攻:194 特防:110 素早さ:150

【相手のポケモン(場)】
メタグロス 持ち物:メタルコート 特性:クリアボディ 性格:いじっぱり
 技:コメットパンチ・じしん・バレットパンチ
 努力値 HP:252 攻撃:140 特防:116
 実数値 HP:187 攻撃:190 防御:150 特攻:103 特防:125 素早さ:90

【相手のポケモン(控)】
ウルガモス 持ち物:いのちのたま 特性:ほのおのからだ 性格:おくびょう
 技:むしのさざめき・だいもんじ
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:161 攻撃:72 防御:85 特攻:187 特防:125 素早さ:167

【相手のポケモン(控)】
ラティオス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:りゅうせいぐん
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:99 防御:100 特攻:182 特防:130 素早さ:178

【ダメージ計算】
 自分のサザンドラのだいもんじ→相手のメタグロスに210〜248のダメージ。

 相手のメタグロスのコメットパンチ→自分のサザンドラに118〜139のダメージ。
 相手のメタグロスのバレットパンチ→自分のサザンドラに48〜57のダメージ。

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「テラキオン」から「ハッサム」に交代
  相手「メタグロス」:コメットパンチ

 Turn2
  自分「ハッサム」から「サザンドラ」に交代
  相手「メタグロス」:じしん

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 サザンドラでメタグロスを倒したいが、「コメットパンチ」と「バレットパンチ」で
 サザンドラが倒されてしまう。ハッサムを出すことでメタグロスに「じしん」を使わせた。

※ハッサム・メタグロス調整
 182ラティオス@こだわりメガネのなみのり2発耐え。


■■■□□□□□
>〜BW実例35(「ポケモンA対ポケモンa→ポケモンB対ポケモンa→ポケモンB対ポケモンb
>→ポケモンA対ポケモンb→…」というサイクルになっていて、こちらが不利な場合に、
>ポケモンAにポケモンaに対して有効な技を持たせ、ポケモンcを出させることで、
>「ポケモンA対ポケモンa→ポケモンA対ポケモンc→ポケモンC対ポケモンc→…」
>というサイクルに変更し、こちらが有利になるようにする)〜

【自分のポケモン(場)】
ライコウ 持ち物:たべのこし 特性:プレッシャー 性格:おくびょう
 技1:10まんボルト・めざめるパワー氷・みがわり・めいそう
 技2:10まんボルト・どくどく・みがわり・まもる
 努力値 HP:124 防御:8 特攻:116 特防:4 素早さ:252 余り:4 性格:おくびょう
 実数値 HP:181 攻撃:94 防御:96 特攻:150 特防:121 素早さ:183

【自分のポケモン(控)】
スイクン 持ち物:オボンのみ 特性:プレッシャー 性格:のんき
 技:れいとうビーム・しんそく・ぜったいれいど・ねっとう
 努力値 HP:212 防御:164 特攻:132
 実数値 HP:202 攻撃:95 防御:171 特攻:127 特防:135 素早さ:94

【自分のポケモン(控)】
パルシェン 持ち物:いのちのたま 特性:スキルリンク 性格:ようき
 技:つららばり・からをやぶる
 努力値 攻撃:252 防御:4 素早さ:252
 実数値 HP:125 攻撃:147 防御:201 特攻:94 特防:65 素早さ:134

【相手のポケモン(場)】
サンダー 持ち物:無し 特性:プレッシャー 性格:おくびょう
 技:10まんボルト・めざめるパワー氷・はねやすめ
 努力値 HP:252 特攻:80 特防:156 素早さ:20
 実数値 HP:197 攻撃:99 防御:105 特攻:155 特防:130 素早さ:135

【相手のポケモン(控)】
バンギラス 持ち物:こだわりハチマキ 特性:すなおこし 性格:しんちょう
 技:いわなだれ・おいうち
 努力値 HP:204 攻撃:132 特防:172
 実数値 HP:201 攻撃:171 防御:130 特攻:103 特防:156 素早さ:81

【相手のポケモン(控)】
ガブリアス 持ち物:こだわりスカーフ 特性:すながくれ 性格:ようき
 技:じしん・げきりん
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:184 攻撃:182 防御:115 特攻:90 特防:105 素早さ:169

【ダメージ計算】
 自分のライコウの10まんボルト→相手のサンダーに63〜75のダメージ
  ※特攻ランク+1のとき93〜111のダメージ
 自分のライコウの10まんボルト→相手のバンギラスに34〜42のダメージ。
 自分のスイクンのねっとう→相手のサンダーに45〜54のダメージ。
 自分のパルシェンのつららばり→相手のバンギラスに105〜135のダメージ。
  ※攻撃ランク+2の場合は215〜255のダメージ。

 相手のサンダーの10まんボルト→自分のライコウに34〜41のダメージ。
 相手のサンダーの10まんボルト→自分のスイクンに122〜146のダメージ。
 相手のバンギラスのいわなだれ→自分のライコウに114〜135のダメージ。
 相手のバンギラスのいわなだれ→自分のスイクンに64〜76のダメージ。
 相手のバンギラスのいわなだれ→自分のパルシェンに110〜132のダメージ。
 相手のガブリアスのじしん→自分のパルシェンに52〜63のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ライコウ」:10まんボルト
  相手「サンダー」から「バンギラス」に交代

 Turn2
  自分「ライコウ」から「スイクン」に交代
  相手「バンギラス」:いわなだれ

 Turn3
  自分「スイクン」:ねっとう
  相手「バンギラス」から「サンダー」に交代

 Turn4
  自分「スイクン」から「ライコウ」に交代
  相手「サンダー」:10まんボルト

 Turn5
  自分「ライコウ」:10まんボルト
  相手「サンダー」から「バンギラス」に交代

 Turn6
  自分「ライコウ」から「スイクン」に交代
  相手「バンギラス」:いわなだれ

 Turn7
  自分「スイクン」:ねっとう
  相手「バンギラス」から「サンダー」に交代

 Turn8
  自分「スイクン」から「ライコウ」に交代
  相手「サンダー」:はねやすめ

 Turn9
  自分「ライコウ」:10まんボルト
  相手「サンダー」から「バンギラス」に交代

 Turn10
  自分「ライコウ」から「スイクン」に交代
  相手「バンギラス」:いわなだれ
  自分「スイクン」は倒れた
  自分「パルシェン」に交代

相手は「つららばり」に合わせてガブリアスを出すか、「からをやぶる」に合わせて「いわなだれ」の2択。

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ライコウ」:どくどく
  相手「サンダー」から「バンギラス」に交代

 Turn2
  自分「ライコウ」:まもる
  相手「バンギラス」:いわなだれ

相手はガブリアスでしかライコウを倒せない。ガブリアスにライコウを倒させ、
パルシェンで「からをやぶる」を使えば勝てる。

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 技2に変更することでサイクルを変え、パルシェンがガブリアスの前で
 「からをやぶる」を使用できるようにした。

※サンダー調整
 182ラティオス@こだわりメガネのりゅうせいぐん耐え、キノガッサ抜き、残り特攻。
※バンギラス調整
 砂嵐で182ラティオスのなみのり2発耐え。いわなだれで120-177ハッサム確定2発。


■■■□□□□□□
>〜BW実例36-1(条件1と条件2を満たすことによって、みなし役割が発生する例。
>サポートは、場に出ている相手のポケモンを弱らせる技を使用することによって行う。
>「ttp://aphamahito.blog130.fc2.com/blog-entry-111.html」の[2011/02/09 00:53]
>のコメントを参考に作成。役割を持っているポケモンへの負担を軽減することができる、
>ということについても言及)〜

「条件3:相手が交代し、ポケモンaがポケモンBとの1対1のバトルを避けた場合、相手は負けることを防ぐことができる」
条件3が満たされていない場合、相手は交代しても交代しなくても結果が変わらず、相手が交代するかどうかがわからなくなる(行動原理上は交代しない)ため、「みなし役割」の定義上はおかしなことになります。

【自分のポケモン(場)】
ナットレイ 持ち物:たべのこし 特性:てつのトゲ 性格:おだやか
 技:でんじは・みがわり・やどりぎのタネ・めざめるパワー炎
 努力値 HP:228 防御12 特防:140 素早さ:128
 実数値 HP:178 攻撃:102 防御:153 特攻:74 特防:169 素早さ:56

【自分のポケモン(控)】
パルシェン 持ち物:無し 特性:スキルリンク 性格:ようき
 技:つららばり・からをやぶる
 努力値 攻撃:252 防御:4 素早さ:252
 実数値 HP:125 攻撃:147 防御:201 特攻:94 特防:65 素早さ:134

【相手のポケモン(場)】
ラティオス 持ち物:いのちのたま 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:りゅうせいぐん・めざめるパワー炎
 努力値 HP:20 特攻:244 素早さ:244
 実数値 HP:158 攻撃:99 防御:100 特攻:181 特防:130 素早さ:177

【相手のポケモン(控)】
ガブリアス 持ち物:たべのこし 特性:すながくれ 性格:ようき
 技:ダブルチョップ・じしん・つるぎのまい・みがわり
 努力値 HP:140 攻撃:108 防御:4 特防:4 素早さ:252
 実数値 HP:201 攻撃:164 防御:116 特攻:90 特防:106 素早さ:169

【ダメージ計算】
 自分のパルシェンのつららばり→相手のラティオスに330〜390のダメージ。

 相手のラティオスのりゅうせいぐん→自分のパルシェンに286〜337のダメージ。
 相手のラティオスのりゅうせいぐん→自分のナットレイに55〜65のダメージ。
 相手のラティオスのめざめるパワー炎→自分のパルシェンに95〜113のダメージ。
 相手のラティオスのめざめるパワー炎→自分のナットレイに146〜177のダメージ。
  ※特攻ランク-2のとき78〜94のダメージ。

・条件1、条件2を満たしていることの説明をする。
 (「http://aphamahito.blog130.fc2.com/blog-entry-111.html」の[2011/02/09 00:53]のコメント、
  及び「http://aphamahito.blog130.fc2.com/blog-entry-112.html」の[2011/02/15 02:48]のコメントを参考)
条件1.ポケモンaに対して役割を持っているポケモンAを併用する
条件2.ポケモンaがポケモンBとの1対1のバトルを行った場合、相手のポケモンは1対1のバトルでの
強弱関係の変化により元々担っていた役割を果たせなくなり、相手は負けてしまう
条件3.相手が交代し、ポケモンaがポケモンBとの1対1のバトルを避けた場合、相手は負けることを防ぐことができる

条件1.パルシェンはラティオスを倒すことができる
条件2.ラティオスは「でんじは」によってパルシェンに勝てなくなり、バトルに負けてしまう
条件3.相手はガブリアスに交代することで最初のターンに負けが決まるのを防ぐことができる

・相手が交代しなかった場合の流れを示す
 Turn1
  自分「ナットレイ」:でんじは
  相手「ラティオス」:めざめるパワー炎

 Turn2
  自分「ナットレイ」:やどりぎのタネ
  相手「ラティオス」:めざめるパワー炎
  自分「ナットレイ」は倒れた
  自分「パルシェン」に交代

 Turn3
  自分「パルシェン」:つららばり
  相手「ラティオス」は倒れた
  相手「ガブリアス」に交代

 Turn4
  自分「パルシェン」:つららばり
  相手「ガブリアス」:じしん
  相手「ガブリアス」は倒れた

・みなし役割を発揮して相手のポケモンを交代に追い込む流れを示す
 Turn1
  自分「ナットレイ」:でんじは
  相手「ラティオス」から「ガブリアス」に交代

 Turn2
  自分「ナットレイ」から「パルシェン」に交代
  相手「ガブリアス」:みがわり

 Turn3
  自分「パルシェン」:からをやぶる
  相手「ガブリアス」:じしん

・上記に示した流れについて、みなし役割がどのようにして活かされているのかを説明する。
 「でんじは」によって勝てる例である。ラティオスに「でんじは」を当てる、
 若しくはパルシェンをガブリアスに出して「からをやぶる」をできれば勝ちである。


■■■□□□□□□
>〜BW実例36-2(条件1と条件2を満たすことによって、みなし役割が発生する例。
>サポートする際は、自分の控えのポケモンを補強する技を用いる。
>また、補強対象である自分の控えのポケモンは、相手の控えのポケモンに
>役割を持たれているが、自分の控えのポケモンをサポートで強化した場合、
>相手の控えのポケモンを倒すことができるとする。
>「ttp://aphamahito.blog130.fc2.com/blog-entry-112.html」の
>[2011/02/15 02:48]のコメントを参考に作成。)〜

【自分のポケモン(場)】
ドーブル 持ち物:ラムのみ
 技:ちょうのまい キノコのほうし みがわり バトンタッチ
 努力値 HP:4 特防:252 素早さ:252
 実数値 HP:131 攻撃:36 防御:55 特攻:40 特防:97 素早さ:139

【自分のポケモン(控)】
ウルガモス 持ち物:いのちのたま 特性:ほのおのからだ 性格:おくびょう
 技:むしのさざめき だいもんじ ちょうのまい
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:161 攻撃:72 防御:85 特攻:187 特防:125 素早さ:167

【自分のポケモン(控)】
ガブリアス 持ち物:こだわりスカーフ 特性:すながくれ 性格:ようき
 技:じしん じならし げきりん つばめがえし
 努力値 HP:140 攻撃:108 防御:4 特防:4 素早さ:252
 実数値 HP:201 攻撃:164 防御:116 特攻:90 特防:106 素早さ:169

【相手のポケモン(場)】
ドータクン 持ち物:カゴのみ 特性:ふゆう 性格:おだやか
 技:サイコショック・てっぺき・めいそう・ねむる
 努力値 HP:252 防御:252 特防:4
 実数値 HP:174 攻撃:98 防御:168 特攻:99 特防:150 素早さ:53

【相手のポケモン(控)】
ラティオス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:なみのり
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:99 防御:100 特攻:182 特防:130 素早さ:178

【相手のポケモン(控)】
キノガッサ 持ち物:どくどくだま 特性:ポイズンヒール 性格:ようき
 技:キノコのほうし・みがわり・きあいパンチ・いわなだれ
 努力値 HP:212 攻撃:44 素早さ:252
 実数値 HP:162 攻撃:156 防御:100 特攻:72 特防:80 素早さ:134

【ダメージ計算】
 自分のウルガモスのだいもんじ→相手のドータクンに218〜260のダメージ。
 自分のウルガモスのだいもんじ→相手のラティオスに62〜74のダメージ。
 自分のウルガモスのむしのさざめき→相手のラティオスに190〜226のダメージ
 自分のウルガモスのだいもんじ→相手のキノガッサに367〜432のダメージ。
 自分のガブリアスのげきりん→相手のドータクンに33〜39のダメージ。

 相手のキノガッサのいわなだれ→自分のウルガモスに208〜248のダメージ。

・条件1、条件2を満たしていることの説明をする。
 (「http://aphamahito.blog130.fc2.com/blog-entry-111.html」の[2011/02/09 00:53]のコメント、
  及び「http://aphamahito.blog130.fc2.com/blog-entry-112.html」の[2011/02/15 02:48]のコメントを参考)
条件1.ポケモンaに対して役割を持っているポケモンAを併用する
条件2.ポケモンaがポケモンBとの1対1のバトルを行った場合、相手のポケモンは1対1のバトルでの
強弱関係の変化により元々担っていた役割を果たせなくなり、相手は負けてしまう
条件3.相手が交代し、ポケモンaがポケモンBとの1対1のバトルを避けた場合、相手は負けることを防ぐことができる

条件1.ウルガモスはドータクンを倒すことができる
条件2.ラティオスは「ちょうのまい」をしたウルガモスに勝てなくなり、バトルに負けてしまう
条件3.相手はキノガッサに交代することで、ウルガモスへの「バトンタッチ」により
   負けが決まるのを防ぐことができる

・相手が交代しなかった場合の流れを示す
 Turn1
  自分「ドーブル」:キノコのほうし
  相手「メタグロス」はぐうぐうねむっている

 Turn2
  自分「ドーブル」:みがわり
  相手「メタグロス」はぐうぐうねむっている

 Turn3
  自分「ドーブル」:ちょうのまい
  相手「メタグロス」:コメットパンチ

 Turn4
  自分「ドーブル」:キノコのほうし
  相手「メタグロス」はぐうぐうねむっている

 Turn5
  自分「ドーブル」:バトンタッチ
  自分「ウルガモス」に交代
  相手「メタグロス」はぐうぐうねむっている

 Turn6
  自分「ウルガモス」:だいもんじ
  相手「メタグロス」は倒れた
  相手「キノガッサ」に交代

 Turn7
  自分「ウルガモス」:だいもんじ
  相手「キノガッサ」は倒れた
  相手「ラティオス」に交代

 Turn8
  自分「ウルガモス」:むしのさざめき
  相手「ラティオス」は倒れた

・みなし役割を発揮して相手のポケモンを交代に追い込む流れを示す
 Turn1
  自分「ドーブル」:キノコのほうし
  相手「メタグロス」はぐうぐうねむっている

 Turn2
  自分「ドーブル」:みがわり
  相手「キノガッサ」に交代

 Turn3
  自分「ドーブル」:バトンタッチ
  自分「ウルガモス」に交代
  相手「キノガッサ」:いわなだれ

・上記に示した流れについて、みなし役割がどのようにして活かされているのかを説明する。
 メタグロスが場に残り続けた場合、ドーブルの「バトンタッチ」によって勝てる例である。
 ドーブルはメタグロスを倒せないので役割は持てないが、サポートによりにみなし役割は持てるため、
 相手はキノガッサに交代する。

※キノガッサの調整
 気合パンチ×3+岩雪崩で183-207スイクン@食べ残しを確定で倒す。


■■■□□□□□□□
>〜BW実例37(1対1のバトルでの強弱関係の変化により元々持っていた役割は
>遂行できなくなったが、みなし役割であれば遂行できる例。
>「http://aphamahito.blog130.fc2.com/blog-entry-111.html」の
>[2011/02/09 00:53]のコメントを参考に作成。)〜

【自分のポケモン(場)】
ハッサム 持ち物:なし 特性:テクニシャン 性格:いじっぱり
 技:バレットパンチ とんぼがえり
 努力値 HP:252 攻撃:4 特防:252
 実数値 HP:17/177 攻撃:166 防御:120 特攻:67 特防:132 素早さ:85

【自分のポケモン(控)】
パルシェン 持ち物:こだわりハチマキ 特性:スキルリンク 性格:ようき
 技:こおりのつぶて
 努力値 攻撃:252 防御:4 素早さ:252
 実数値 HP:125 攻撃:147 防御:201 特攻:94 特防:65 素早さ:134

【相手のポケモン(場)】
ラティオス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:10まんボルト
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:99 防御:100 特攻:182 特防:130 素早さ:178

【相手のポケモン(控)】
ガブリアス 持ち物:こだわりスカーフ 特性:すながくれ 性格:ようき
 技:じしん・げきりん
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:184 攻撃:182 防御:115 特攻:90 特防:105 素早さ:169

【ダメージ計算】
ハッサムはラティオスの10まんボルトを2回食らっています。
 自分のハッサムのバレットパンチ→相手のラティオスに57〜67のダメージ。
 自分のパルシェンのこおりのつぶて→相手のラティオスに102〜120のダメージ。
 自分のパルシェンのこおりのつぶて→相手のガブリアスに172〜208のダメージ。

・条件1、条件2を満たしていることの説明をする。
 (「http://aphamahito.blog130.fc2.com/blog-entry-111.html」の[2011/02/09 00:53]のコメント、
  及び「http://aphamahito.blog130.fc2.com/blog-entry-112.html」の[2011/02/15 02:48]のコメントを参考)
条件1.ポケモンaに対して役割を持っているポケモンAを併用する
条件2.ポケモンaがポケモンBとの1対1のバトルを行った場合、相手のポケモンは1対1のバトルでの
強弱関係の変化により元々担っていた役割を果たせなくなり、相手は負けてしまう
条件3.相手が交代し、ポケモンaがポケモンBとの1対1のバトルを避けた場合、相手は負けることを防ぐことができる

条件1.パルシェンはラティオスを倒すことができる
条件2.ラティオスは「バレットパンチ」によりパルシェンに勝てなくなり、バトルに負けてしまう
条件3.相手はガブリアスに交代することで、最初のターンに負けが決まるのを防ぐことができる

・相手が交代しなかった場合の流れを示す
 Turn1
  自分「ハッサム」:バレットパンチ
  相手「ラティオス」:10まんボルト
  自分「ハッサム」は倒れた
  自分「パルシェン」に交代

 Turn2
  自分「パルシェン」:こおりのつぶて
  相手「ラティオス」は倒れた
  相手「ガブリアス」に交代

・みなし役割を発揮して相手のポケモンを交代に追い込む流れを示す
 Turn1
  自分「ハッサム」:バレットパンチ
  相手「ラティオス」から「ガブリアス」に交代

 Turn2
  自分「ハッサム」から「パルシェン」に交代
  相手「ガブリアス」から「ラティオス」に交代

・上記に示した流れについて、みなし役割がどのようにして活かされているのかを説明する。
 最初のターンにラティオスが「バレットパンチ」を食らってしまうと相手は負けるが、
 ガブリアスに交代して交代読み交代を行い、パルシェン対ラティオスの状況にできれば勝てる。

※ハッサム調整
 182ラティオス@こだわりメガネのなみのり2発耐え。


■■■□□□□□□□□
>〜BW実例38(1対1のバトルに弱い型でサイクルに参加できないポケモンAを、
>1対1のバトルに強い型にする(若しくは1対1のバトルに強いポケモンA’にする)
>ことでサイクルに参加させる例 金銀で言うと、
>「55残飯カビゴンギャラドスパルシェン」に対して50ガラガラではサイクルに
>参加できないが、55残飯カビゴンに強いサイドンなら参加できる)〜

【自分のポケモン(場)】
シャンデラ 持ち物:こだわりスカーフ 特性:もらいび 性格:おくびょう
 技:シャドーボール
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:136 攻撃:67 防御:110 特攻:197 特防:110 素早さ:145

【自分のポケモン(控)】
テラキオン 持ち物:きあいのタスキ 特性:せいぎのこころ 性格:ようき
 技:インファイト でんこうせっか
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:167 攻撃:181 防御:110 特攻:82 特防:110 素早さ:176

【A】
サザンドラ 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:ひかえめ
 技:だいもんじ りゅうせいぐん
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:168 攻撃:112 防御:110 特攻:194 特防:110 素早さ:150

【A’】
パルシェン 持ち物:こだわりハチマキ 特性:スキルリンク 性格:ようき
 技:つららばり こおりのつぶて
 努力値 攻撃:252 防御:4 素早さ:252
 実数値 HP:125 攻撃:147 防御:201 特攻:94 特防:65 素早さ:134

【相手のポケモン(場)】
ラティオス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:りゅうせいぐん
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:99 防御:100 特攻:182 特防:130 素早さ:178

【相手のポケモン(控)】
ガブリアス 持ち物:たべのこし 特性:すながくれ 性格:ようき
 技:げきりん じしん つるぎのまい みがわり
 努力値 HP:140 攻撃:108 防御:4 特防:4 素早さ:252
 実数値 HP:201 攻撃:164 防御:116 特攻:90 特防:106 素早さ:169

【相手のポケモン(控)】
ユキノオー 持ち物:きあいのタスキ 特性:ゆきふらし 性格:おくびょう
 技:ふぶき くさむすび やどりぎのタネ こおりのつぶて
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:166 攻撃:100 防御:95 特攻:144 特防:105 素早さ:123

【ダメージ計算】
 自分のシャンデラのシャドーボール→相手のラティオスに138〜164のダメージ。
 自分のシャンデラのシャドーボール→相手のガブリアスに84〜100のダメージ。
 自分のテラキオンのでんこうせっか→相手のラティオスに28〜33のダメージ。
 自分のテラキオンのインファイト→相手のガブリアスに106〜126のダメージ。
 自分のパルシェンのつららばり→相手のユキノオーに165〜200のダメージ。

 相手のラティオスのりゅうせいぐん→自分のシャンデラに195〜231のダメージ。
 相手のガブリアスのじしん→自分のシャンデラに168〜200のダメージ。
 相手のガブリアスのじしん→自分のテラキオンに168〜200のダメージ。
 相手のガブリアスのじしん→自分のパルシェンに48〜57のダメージ。
 相手のガブリアスのげきりん→自分のサザンドラに204〜240のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「シャンデラ」:シャドーボール
  相手「ラティオス」から「ガブリアス」に交代

 Turn2
  自分「シャンデラ」から「テラキオン」に交代
  相手「ガブリアス」:じしん

 Turn3
  自分「テラキオン」:インファイト
  相手「ガブリアス」から「ラティオス」に交代

 Turn4
  自分「テラキオン」から「シャンデラ」に交代
  相手「ラティオス」:りゅうせいぐん
  自分「シャンデラ」は倒れた

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「シャンデラ」:シャドーボール
  相手「ラティオス」から「ガブリアス」に交代

 Turn2
  自分「シャンデラ」から「パルシェン」に交代
  相手「ガブリアス」:じしん

 Turn3
  自分「パルシェン」:つららばり
  相手「ガブリアス」:じしん
  相手「ガブリアス」は倒れた

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 サザンドラからパルシェンに変更することでサイクルが変化する。
 ガブリアスにテラキオンを出してもラティオスを出されるので勝てないが、
 ガブリアスにパルシェンを出せば勝つことができる。


■■■□□□□□□□□□
>〜BW実例39(自分のポケモンA・ポケモンB対相手のポケモンa・ポケモンbの
>サイクルにて相手が勝つとする。ここで、ポケモンAを相手の交代先のポケモンを
>すぐに倒せるポケモンA’に換えることで、相手に勝つことができるようになる例)〜

【自分のポケモン(場)】
シャンデラ 持ち物:こだわりスカーフ 特性:もらいび 性格:おくびょう
 技1:シャドーボール
 技2:シャドーボール めざめるパワー氷
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:136 攻撃:67 防御:110 特攻:197 特防:110 素早さ:145

【自分のポケモン(控)】
テラキオン 持ち物:きあいのタスキ 特性:せいぎのこころ 性格:ようき
 技:インファイト でんこうせっか
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:167 攻撃:181 防御:110 特攻:82 特防:110 素早さ:176

【相手のポケモン(場)】
ラティオス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:なみのり りゅうせいぐん サイコショック
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:99 防御:100 特攻:182 特防:130 素早さ:178

【相手のポケモン(控)】
ガブリアス 持ち物:たべのこし 特性:すながくれ 性格:ようき
 技:ダブルチョップ じしん つるぎのまい みがわり
 努力値 HP:140 攻撃:108 防御:4 特防:4 素早さ:252
 実数値 HP:201 攻撃:164 防御:116 特攻:90 特防:106 素早さ:169

【ダメージ計算】
 自分のシャンデラのシャドーボール→相手のラティオスに138〜164のダメージ。
 自分のシャンデラのシャドーボール→相手のガブリアスに84〜100のダメージ。
 自分のシャンデラのめざめるパワー氷→相手のガブリアスに200〜236のダメージ。
 自分のテラキオンのでんこうせっか→相手のラティオスに28〜33のダメージ。
 自分のテラキオンのインファイト→相手のガブリアスに106〜126のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「シャンデラ」:シャドーボール
  相手「ラティオス」から「ガブリアス」に交代

 Turn2
  自分「シャンデラ」から「テラキオン」に交代
  相手「ガブリアス」:じしん

 Turn3
  自分「テラキオン」:インファイト
  相手「ガブリアス」から「ラティオス」に交代

 Turn4
  自分「テラキオン」から「シャンデラ」に交代
  相手「ラティオス」:りゅうせいぐん
  自分「シャンデラ」は倒れた

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「シャンデラ」:めざめるパワー氷
  相手「ラティオス」から「ガブリアス」に交代
  相手「ガブリアス」は倒れた

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 技2にすることで、シャンデラがガブリアスを早く倒せるようになる。


■■■■
>〜BW実例40(自分のポケモンA・ポケモンB対相手のポケモンa・ポケモンbの
>サイクルにて相手が勝つとする。ここで、ポケモンBがポケモンAに何らかの
>サポートをすることで、ポケモンAで相手の交代先のポケモンをすぐに倒すことが
>できるようになり、自分が勝つことができるようになる例 バトンタッチがわかりやすい)〜

【自分のポケモン(場)】
ヘラクロス 持ち物:無し 特性:こんじょう 性格:いじっぱり
 技:メガホーン にほんばれ
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:194 防御:95 特攻:54 特防:115 素早さ:137

【自分のポケモン(控)】
シャンデラ 持ち物:こだわりメガネ 特性:もらいび 性格:ひかえめ
 技:シャドーボール だいもんじ
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:136 攻撃:67 防御:110 特攻:216 特防:110 素早さ:132

【相手のポケモン(場)】
ハピナス 持ち物:たべのこし 特性:しぜんかいふく 性格:ずぶとい
 技:どくどく タマゴうみ れいとうビーム
 努力値 防御:252 特攻:180 特防:76
 実数値 HP:330 攻撃:27 防御:68 特攻:118 特防:165 素早さ:75

【相手のポケモン(控)】
ブルンゲル 持ち物:無し 特性:のろわれボディ 性格:ずぶとい
 技:ハイドロポンプ じこさいせい
 努力値 HP:244 防御:244 特攻:20
 実数値 HP:206 攻撃:72 防御:133 特攻:108 特防:125 素早さ:80
 調整 ドリュウズ@ランク+2のじしん耐え、ハイドロポンプで111-135シャンデラ乱数1発。

【ダメージ計算】
 自分のシャンデラのシャドーボール→相手のブルンゲルに236〜278のダメージ。
 自分のシャンデラのだいもんじ→相手のブルンゲルに87〜103のダメージ。
  ※晴れの場合は131〜155のダメージ。
 自分のシャンデラのだいもんじ→相手のハピナスに133〜157のダメージ。
  ※晴れの場合は199〜235のダメージ。
 自分のヘラクロスのメガホーン→相手のブルンゲルに50〜59のダメージ。
 自分のヘラクロスのメガホーン→相手のハピナスに193〜228のダメージ。

 相手のブルンゲルのハイドロポンプ→自分のシャンデラに132〜156のダメージ。

・工夫を凝らさない場合or改良前の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ヘラクロス」:メガホーン
  相手「ハピナス」から「ブルンゲル」に交代

 Turn2
  自分「ヘラクロス」から「シャンデラ」に交代
  相手「ブルンゲル」:ハイドロポンプ
  自分「シャンデラ」は倒れた

・工夫を凝らす場合or改良後の場合の試合の流れを示す
 Turn1
  自分「ヘラクロス」:にほんばれ
  相手「ハピナス」から「ブルンゲル」に交代

 Turn2
  自分「ヘラクロス」から「シャンデラ」に交代
  相手「ブルンゲル」:ハイドロポンプ

 Turn3
  自分「シャンデラ」:だいもんじ
  相手「ブルンゲル」から「ハピナス」に交代

 Turn4
  自分「シャンデラ」:だいもんじ
  相手「ハピナス」は倒れた

・上記で取り上げた試合の流れについて、簡単に説明する
 ヘラクロスはブルンゲルを、シャンデラはハピナスを倒せないが、
 「にほんばれ」を使うことでシャンデラがハピナスを倒せるようになる。

※ハピナス調整
 冷凍ビームで100-170ボーマンダ確定1発。


■■■■□
>〜BW実例41(運要素によって1対1のバトルの結果が変わってくる例
> 雷が当たるのと外すのとで結果が変わってくる、等の例がわかりやすい)

【自分のポケモン(場)】
ヘラクロス 持ち物:こだわりスカーフ 特性:こんじょう 性格:いじっぱり
 技:メガホーン
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:194 防御:95 特攻:54 特防:115 素早さ:137

【相手のポケモン(場)】
ラティオス 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:サイコショック
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:156 攻撃:99 防御:100 特攻:182 特防:130 素早さ:178

・自分の運が良い場合と悪い場合で、結果がどのように変わるのかを説明する。
 ヘラクロスのメガホーンが当たれば自分の勝ち、外れれば相手の勝ちである。


■■■■□□
>〜BW実例42(運要素によって交代際に打つ技の有効性が変わってくる例
> やはり命中率系のネタがわかりやすい)

【自分のポケモン(場)】
シャンデラ 持ち物:こだわりスカーフ 特性:もらいび 性格:おくびょう
 技:おにび
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:136 攻撃:67 防御:110 特攻:197 特防:110 素早さ:145

【相手のポケモン(場)】
バンギラス 持ち物:こだわりハチマキ 特性:すなおこし 性格:しんちょう
 技:いわなだれ おいうち
 努力値 HP:204 攻撃:92 防御:4 特防:172 素早さ:36
 実数値 HP:201 攻撃:166 防御:131 特攻:103 特防:156 素早さ:86

【ダメージ計算】
 166バンギラス@拘り鉢巻+火傷の追打ち(威力80)→110-136シャンデラ確定2発。102〜122

・自分の運が良い場合と悪い場合で、結果がどのように変わるのかを説明する。
 シャンデラのおにびが当たればおいうちで倒されないが、外れるとおいうちで倒されてしまう。

※バンギラス調整
 砂嵐で182ラティオスのなみのり2発耐え。いわなだれで120-177ハッサム乱数2発。


■■■■□□□
>〜BW実例43(読みによって1対1のバトルの結果が変わってくる例
> 金銀では「http://www.aoituki.net/hinoe/ckabi3.htm」の「対ガラガラ」のような例がある)〜

【自分のポケモン(場)】
メタグロス 持ち物:無し 特性:クリアボディ 性格:いじっぱり
 技:じしん アームハンマー バレットパンチ コメットパンチ
 努力値 HP:252 攻撃:140 特防:116
 実数値 HP:187 攻撃:190 防御:150 特攻:103 特防:125 素早さ:90

【相手のポケモン(場)】
ジバコイル 持ち物:じしゃく 特性:がんじょう 性格:ひかえめ
 技:10まんボルト めざめるパワー氷 でんじふゆう ミラーコート
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:146 攻撃:81 防御:135 特攻:200 特防:110 素早さ:112

【ダメージ計算】
 自分のメタグロスのアームハンマー→相手のジバコイルに106〜126のダメージ。
 自分のメタグロスのバレットパンチ→相手のジバコイルに8〜9のダメージ。

 相手のジバコイルの10まんボルト→自分のメタグロスに103〜123のダメージ。

・読まなかった場合の試合の流れを示す
・読みによってどのように試合の結果が変わるのかを説明する。

 相手のジバコイルが10まんボルトを選ぶなら、自分はじしんを選択すれば勝てる。
 相手のジバコイルがでんじふゆうを選ぶなら、自分はアームハンマーを選択すれば勝てる。

利得表(技は必ず命中、追加効果や急所は無いと仮定)
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|
 自分 \ 相手 |  でんじふゆう     |  10まんボルト     |
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|
 じしん     |  相手の勝ち      |  自分の勝ち      |
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|
 アームハンマー |  自分の勝ち      |  相手の勝ち      |
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|

※メタグロス調整
 182ラティオス@こだわりメガネのなみのり2発耐え。


■■■■□□□□
>〜BW実例44(交代読み交代を考慮した方が良い例 自分の場に出ている
>ポケモンに対して役割を持ったポケモンに交代される際に強力な技を打てず、
>相手の交代先のポケモンに技を打たせたくない例が望ましい 金銀で言うと、
>自分めざ炎毒々ライコウ(控えスターミー)対相手サンダー(控えガラガラ)で、
>自分がガラガラへの交代を読んでスターミーに交代するか否かを判断する例)〜

【自分のポケモン(場)】
テラキオン 持ち物:無し 特性:せいぎのこころ 性格:ようき
 技:いわなだれ
 努力値 HP:4 攻撃:252 素早さ:252
 実数値 HP:167 攻撃:181 防御:110 特攻:82 特防:110 素早さ:176

【自分のポケモン(控)】
サザンドラ 持ち物:こだわりメガネ 特性:ふゆう 性格:ひかえめ
 技:りゅうせいぐん
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:168 攻撃:112 防御:110 特攻:194 特防:110 素早さ:150

【相手のポケモン(場)】
ウルガモス 持ち物:いのちのたま 特性:ほのおのからだ 性格:おくびょう
 技:むしのさざめき
 努力値 HP:4 特攻:252 素早さ:252
 実数値 HP:161 攻撃:72 防御:85 特攻:187 特防:125 素早さ:167

【相手のポケモン(控)】
ランクルス 持ち物:いのちのたま 特性:マジックガード 性格:ひかえめ
 技:きあいだま
 努力値 HP:252 防御:252 特攻:4
 実数値 HP:217 攻撃:76 防御:127 特攻:160 特防:105 素早さ:50

【ダメージ計算】
 自分のテラキオンのいわなだれ→相手のランクルスに61〜73のダメージ。
 自分のサザンドラのりゅうせいぐん→相手のウルガモスに184〜217のダメージ。
 自分のサザンドラのりゅうせいぐん→相手のランクルスに219〜258のダメージ。

 相手のランクルスのきあいだま→自分のテラキオンに172〜203のダメージ。
 相手のランクルスのきあいだま→自分のサザンドラに172〜203のダメージ。

・条件と利得表を示す
利得量としては、ダメージと、そのダメージが持つ意味を示す。

条件
 -自分「テラキオン」…相手「ウルガモス」に対する役割を持っている
 -自分「サザンドラ」…相手「ランクルス」に対する役割を持っている
 -相手「ウルガモス」…自分「サザンドラ」に対する役割を持っている
 -相手「ランクルス」…自分「テラキオン」に対する役割を持っている

利得表(技は必ず命中、追加効果や急所は無いと仮定)
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|
 自分 \ 相手 |  ランクルスに交代   |  むしのさざめき    |
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|
 いわなだれ   |  相手の勝ち      |  自分の勝ち      |
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|
 サザンドラに交代|  自分の勝ち      |  相手の勝ち      |
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|


■■■■□□□□□
>〜BW実例45(交代読みが発生する例 双方が選ぶ選択肢によって4通り(2×2)
>の結果が考えられるが、どの結果もハイリスクハイリターンである方がわかり
>やすいため、例としては良い。BW実例33が良い例なのであれば、使いまわしても良い)〜

【自分のポケモン(場)】
ラティオス 持ち物:いのちのたま 特性:ふゆう 性格:おくびょう
 技:りゅうせいぐん・めざめるパワー炎
 努力値 HP:20 特攻:244 素早さ:244
 実数値 HP:158 攻撃:99 防御:100 特攻:181 特防:130 素早さ:177

【自分のポケモン(控)】
ガブリアス 持ち物:たべのこし 特性:すながくれ 性格:ようき
 技:ダブルチョップ・じしん・つるぎのまい・みがわり
 努力値 HP:140 攻撃:108 防御:4 特防:4 素早さ:252
 実数値 HP:201 攻撃:164 防御:116 特攻:90 特防:106 素早さ:169

【相手のポケモン(場)】
パルシェン 持ち物:無し 特性:スキルリンク 性格:ようき
 技:つららばり・からをやぶる
 努力値 攻撃:252 防御:4 素早さ:252
 実数値 HP:125 攻撃:147 防御:201 特攻:94 特防:65 素早さ:134

【相手のポケモン(控)】
ハッサム 持ち物:オッカのみ 特性:テクニシャン 性格:いじっぱり
 技:とんぼがえり・バレットパンチ
 努力値 HP:252 攻撃:4 特防:252
 実数値 HP:177 攻撃:166 防御:120 特攻:67 特防:132 素早さ:85

【ダメージ計算】
 自分のラティオスのめざめるパワー炎→相手のパルシェンに95〜113のダメージ。
 自分のラティオスのりゅうせいぐん→相手のハッサムに70〜83のダメージ。
 自分のラティオスのめざめるパワー炎→相手のハッサムに192〜229のダメージ。
  ※オッカのみの場合は96〜114のダメージ。
  ※特攻ランク-2の場合は99〜120のダメージ。
  ※特攻ランク-2・オッカのみの場合は49〜60のダメージ。

 相手のハッサムのとんぼがえり→自分のラティオスに134〜158のダメージ。

・条件と利得表を示す
利得量としては、ダメージと、そのダメージが持つ意味を示す。

条件
 -自分「ラティオス」…相手「パルシェン」に対する役割を持っている
 -自分「ガブリアス」…相手「ハッサム 」に対する役割を持っている
 -相手「パルシェン」…自分「ガブリアス」に対する役割を持っている
 -相手「ハッサム 」…自分「ラティオス」に対する役割を持っている

利得表(技は必ず命中、追加効果や急所は無いと仮定)
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|
 自分 \ 相手 |  からをやぶる     |  ハッサムに交代    |
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|
 りゅうせいぐん |  自分の勝ち      |  相手の勝ち      |
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|
 めざめるパワー炎|  相手の勝ち      |  自分の勝ち      |
―――――――――|―――――――――――――|―――――――――――――|

※ハッサム調整
 182ラティオス@こだわりメガネのなみのり2発耐え。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ