街歩き写真館

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

地下をゆく

鉄道廃線めぐり

鉄道・バスの廃車店舗紀行・終末車輌

あなたの知らない
地下のびっくり話

苦情&メールはこちらへ!

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:たかけん
Yukihroさん、こんにちは。

距離は短いですが高低差があり、大変良い有酸素運動になりそうです。

基礎体力のある方なら楽しみながら登れると思います。

旧い建築物は石の積み方とか、温かみがあって見ているだけでも癒されますよね。

そう、今は誰も訪れない山中に人工物の遺構があるのって、すごく萌えますね!

標高の高いところでは空気が澄んでいるためか、コントラストが高く鮮明な画像になりますね。

間もなく「赤城登山鉄道跡 」をUP で来ますので、こちらも楽しみにしていてください。
投稿者:Yukihro
いつも楽しく拝見させていただいております。

このコースもとても魅力的なコースですね!
高低差が結構あって体力作りにももってこいかも!
今度挑戦してみようかなぁ〜(´Д` )
橋梁やトンネルなど、当時の建築物が見られるのはやっぱりイイですね。
今の建築物と違って温かみがあると言うか、
人の手で造ったものなんだなぁと思えるというか、
イイんですよねぇ。
天気も良く、空の色や風景の映え方もすごくイイですね!

またの更新も楽しみにしてますね!
投稿者:たかけん
ひとりさん、コメントありがとうございます。

実際ここまで遺物が残っているとは想像していませんでした。

普通の鉄道廃線跡よりも山中のケーブルカー廃線跡の方が萌えるものがありますね^^;

後半がとにかく息切れしてフラフラになってしまいます。。。

投稿者:ひとり
早速のアップ、ありがとうございます。(^ ^)
ケーブルカー跡、かなりの物が残っているんですね!とても興味深い物ばかりです。
それにしてもただでさえ足場の悪い廃線跡なのにこの傾斜!!かなりキツイですね(>_<)
投稿者:たかけん
栃木県や群馬県では現在の東武鉄道が集客を目論んで山地に観光地をたくさん作ったが、鉄道から自動車輸送の時代になり、廃線化した路線が多いですね。

(その名残で今でも、この両県はJRよりも東武鉄道の方が強いですが。)

トンネル自体は怖くないですが、とにかくヘビがダメです。。
山中の探索は、ヘビの出ない雪が溶けた春先か、雪が降る前の秋口に限ります。

でも、いちばん怖いのは生身の人間ですよ!
トンネルの中に住んでいる人も居ますから!
投稿者:河童淵
こんにちは。河童淵です。日光まで廃線探索お疲れ様でした。前回、今回ともに楽しく拝見いたしました。自分も何回か日光には行っておりますがこんな廃線跡があったとは驚きです。それにしてもトンネルの中などによく入って行けますね。私は相当ビビりなので絶対無理です。最後のゴール地点では観光客はまさか人が登ってくるとは思わなかったんでしょうね。かなりウケました。それではまたの更新楽しみにしております。

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

QRコード

拍手ランキング

1位 大都会PARTVのOPロケ地
1拍手
6/19〜6/26までのランキング結果です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ