街歩き写真館

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

地下をゆく

鉄道廃線めぐり

鉄道・バスの廃車店舗紀行・終末車輌

あなたの知らない
地下のびっくり話

苦情&メールはこちらへ!

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:たかけん
Yukihiroさん、お返事が遅くなり済みません。

確かにナショナルキッドにも見えますね。
今も昔も電車って、奇抜なデザインが多いような気がします。
(パーマン車両はこれはこれで面白いですけど。)

もっと普通のデザイン、性能・機能重視でいいような気がします。
それが「機能美」というものになってくると思うのですが。。

現在の中央、総武線E231など、ホームから上に出る部分のボディをワイド化して乗車定員を増やした。
なんてこれぞ「機能美」ですよ。

世間の安全意識の高まるなか、機関区内を自由に歩いて見学できるのはとても貴重な体験です。
是非、いつか行ってみてください。

「軌道自転車」乗ってみたいですね。
時空の彼方まで行けそうな自転車です。
投稿者:Yukihiro
作業場内のレールの刻印の発見は凄い観察力ですね!
ロシアの整備場を模して建てたのですかね。
この機関区内ツアーはとても楽しそうですね!
自分もいつか行ってみたいです。

またの更新も楽しみにしてますね!
投稿者:Yukihiro
いつも楽しく拝見させて頂いております。

確かにパーマンですね!
自分はバードマンが好きでした。
正面から見るとナショナルキッドにも似てますね。
投稿者:たかけん
河童淵さんいつもコメントありがとうございます。

私だけかも知れませんが、電車のカラーリングやデザインって、奇抜なのが多いように感じます。
もっと普通のデザイン、カラーリングで良いと思いますが、一方見慣れてくるとそれもアリのような感じもします。派手なカラーリングも面白いですよね。


今回は3ヶ月ぶりの更新となってしまいました。
頭で考えていることを文字に変換するのが苦手でして、写真点数が多いとそれだけコメントを書くのに時間が掛かってしまいます。

もっと掲載写真を吟味して更新頻度を高めて行きたいと思います。
投稿者:河童淵
こんにちは。河童淵です。群馬までお疲れ様でした。雪が残っていて寒そうですね。上毛電鉄の色分け面白いですねぇ〜思わずパーマン達がどんな色だったかネットで調べてしまいました。都会の車両にはないカラフルな色合いですね。電車の車両は整備次第でかなり長く使えるんですねぇ〜それではまたの更新楽しみにしております。お疲れ様でした!

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

QRコード

拍手ランキング

1位 大都会PARTVのOPロケ地
1拍手
11/16〜11/23までのランキング結果です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ