街歩き写真館

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

地下をゆく

鉄道廃線めぐり

鉄道・バスの廃車店舗紀行・終末車輌

あなたの知らない
地下のびっくり話

苦情&メールはこちらへ!

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:たかけん
なおみさん、お久しぶりです。チャンネル登録もありがとうございます!

実は私もYouTubeチャンネルの使い方良く分かっていません。。
設定

プライバシー

「保存した再生リストをすべて非公開にする」
「すべての登録チャンネルを非公開にする」
上記2つにチェックを入れれば(スライドバーを右に)
個人情報を秘匿できるかと。。

愛宕山ケーブルカー跡には実は3回も行っています。
廃線跡の他にも登山道を歩いてみたくなったり、トロッコ保津峡駅へ続く道の途中で保津峡に沿って走る列車が印象的だったり。できればもう1〜2度行ってみたいところです。



投稿者:なおみ
こんばんは!YouTubeチャンネル登録しました!

チャンネル登録というものを初めてしたので
コメントをつけるとチャンネルが作成されるとか利用規約に同意したとみなされるそうで
それがどういうことかわからないので
おっかなびっくりでコメントできていません(+_+)

愛宕山ケーブルカー跡にはいつ頃行かれたのですか?
投稿者:たかけん
YouTubeに動画を2本UPしました。
本日、22時に公開されます。
https://www.youtube.com/channel/UCuPBZhllaMBH3WwbKu9uCJA

是非見てやってください。チャンネル登録もお願いします。
今後さらに2本UP予定です。
投稿者:たかけん
Yukihiroもお久しぶりです。
あまり写真点数が多いとクドくなってしまい、見づらいかなあ。等と考えてしまいますが、臨場感を感じて頂けたようで良かったです。

戦時中の金属類回収令でレールが撤去されてしまったなど、歴史の重みを感じる廃線跡です。


京都駅からバス1本で行けるので是非探訪してみてください。
投稿者:Yukihiro
いつも楽しく拝見させていただいております。

自分もその場所に行って、あたかも歩いて来たような臨場感で読ませていただきました♪
道中の山の傾斜、建造物を考えると当時の苦労が感じられますね。
もちろん現代の様な重機は無く、人の手で多くを建築していたのだと思うと、どことなく温かみを感じてしまうのは私だけでしょうか…。
駅舎跡などは非常に趣きがあり、廃墟と言うよりは遺構として、後世に残しておきたいものですね。

私も時間ができたら、たかけんさんと同じルートで散策してみたいと思います。

次回の更新も楽しみにしていますね。
投稿者:たかけん
河童淵さんお久しぶりです。
最初の地形図の赤い軌跡は3回の合計です。
(同じ山に3回も行っているのか??)
3回とも帰りはこだまで爆睡しながら帰って来ました。
投稿者:河童淵
こんにちは。河童淵です。今回は写真点数が多く読みごたえがありますね。それにしても高速バスで異動後早朝から4時間徒歩とはすごい!体力がある時じゃなければ行けないですね(*_*)
投稿者:たかけん
半年ぶりの更新となってしました。
写真点数が多く、コメントを入れるのが大変で数年放置していました。。
今回の愛宕山ケーブルカー跡でケーブルカー廃線跡はコンプリートとなります。
(自分調べ。)

次回は愛宕山から降りて保津峡駅までの道のりをUPしようと思います。

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

QRコード

YouTubeチャンネル

onigiride YouTubeに動画チャンネルを設定しました。不定期に動画をUPします。 ぜひチャンネル登録をお願います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ