2008/12/12

ブログ再開〜輝く月  日記

こんにちは、ご無沙汰しております。
時が経つのはあっという間ですね、ちょっとお休み…なんて思っていたのに
すでに師走になってしまいました。

晩秋から初冬にかけて、とっても大忙しの2カ月余りでした。
原稿書き、会社のイベント、日本の実家の引っ越し、等々…大わらわ。
緊張性頭痛に悩まされ、まわりを心配させましたが、
それらを何とか乗り越え、ほっと一息。
ようやくブログ再開の、時間と元気を取り戻しました。

久しぶりに、何を書こうかしら?
なんて思っていたら、AOLからいきなり12月でブログサービス終了のお知らせ…。
PC音痴の私なので、どこまで対応できるかわからないのですが、
がんばって続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

クリックすると元のサイズで表示します

再開、初ブログは「月」の話題。
最近めっきり寒くなったサンフランシスコ。
ただいま暖房なしの部屋の気温は11度。
明日から雨模様らしいのですが、今宵は窓の外に、大きな輝く月が見えています。

何でも今夜は、1年で一番月が大きく見える日だとのこと。
地球と月の平均距離は384,400kmなのですが、今日の距離は356,567km。
NASAによると、普段より14%も大きく見えるそうです。

次にこんなに大きく輝いて見えるのは、8年後だと言うニュースを見て、
早速ポーチに飛び出して、写真を撮りました。
でも、小さなデジカメなので、これが精一杯。
おまけに刺すような冷風に断念して、早々に部屋に戻り、暖房をつけました。

クリックすると元のサイズで表示します

暖房と言えば、相棒のBlakeは、ただ今、有給休暇を消費するため
SFより、はるかに暖かい、中米のホンジュラスを一人旅中。
メールによると、ホワイトリバー・ラフティングができる
熱帯雨林のとある町に行くために、嵐の中、タクシーに乗ったところ
至る所で川が氾濫していたり、まるで湖のような大水溜りに出くわしたりの超難路。

1メートルぐらいの水の中、エンストしてしまったタクシーを推すために
びしょ濡れになりながら、奮闘したそうです。
(難儀していたら、周りの人たちも助けてくれたとのことで、よかった…。)

しかし、SUVとかじゃなくて、普通の車で水溜りを超え、
水位の高くなった川を越えて行くなんて、日本でも合衆国でも考えられない。
結構真剣に、命がけ…。
これを聞いて、一緒に行かなくてよかった…と、思ってしまった私でした。

無事に帰ってきたら、お土産話とお土産写真をご披露できると思います。
私も、ポチポチとあった出来事を、機会があったらアップしていきたいと思っております☆
寒い冬、風邪に負けないようなさってくださいませ〜♪

クリックすると元のサイズで表示します
これはNASAの映像です★
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ