明日は昨日の為にある

旅と鉄道と懐古趣味ウォッチ

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理者:暗之云
コメントありがとうございます。詳しい方のご指摘、たいへん有り難いです。このシリーズの他の記事をご覧になればお分かりかと思いますが、実のところ真面目に碑文を書き写しているのはこの記事くらい、最近ではブログ自体の更新すらサボりがちなので面映い限りです。もう少し勉強しないとなぁ…とは思っていたのですが。

他にも何かお気づきのことがありましたら、遠慮無くご指摘いただきたくお願いします。
投稿者:一読者
忠魂碑・忠霊塔#17 興味深く拝見させていただきました。ただ、碑文手写に誤りがありますので、これでは意味が通じないのも納得と、以下に私なりの手写銘文を書き込みました。念のためですが、決して調査報告にケチをつけたりの悪意があってのことではなく、これをご覧の皆様に正確な碑文をご案内したいが為です。それにしても、普通の方なら見過ごしてしまいます碑文を調査案内していらっしゃるなんて、凄いですね。これからも、時々覗かせていただきます。
2行目 力行間亦幸榮己兵の中の「己」は「イ」という文字で「やむ・すでに」などの意味を表す文字です。なぜか、ワープロに無いですね。
また「兵」は「矣」の文字です。
6行目 六師〓向の中の「〓」不読文字は「所」の旧字体(異体字ともいう)です。
7行目の 講和斯成_榮兵五子_奏凱茲旋_貞題ュ泐_〓名萬年 中の「講和」は「媾和」。「兵」は「矣」。「貞題ュ泐」の中の「題」は「王」+「民」の文字で、「ていびん」と読みます。ワープロには入っていません。次の「ュ泐」は「厥泐」です。
最後に、写真の下の「明治二十八年冬十二月二十八日 河内郡姿川村大字鶴田一同建〓」とある「〓」は「之」の文字で、二つで「之を建てる」となります。
以上、でしゃばりましてすみません。お役に立ちましたら幸いです。また、書き誤りがありましたらお笑いください。再会!

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ