BLOG talk

ようこそ,yochiのBLOG talkへ.おかげさまで2004年から長々とここまで来ることができました。ご来訪いただいた皆様のご愛顧に感謝の意を表します。"gup"の記事は,九州界隈でも容易に手に入るようなありふれた素材を使って,皆が知っているようなことを,自分の手でやって自分の目で確かめる....というコンセプトです.あなたもgupライフをお楽しみください.

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.
投稿者:花やん
 エンドラオレンジとレースの競演を理想にしたのですが、やっぱり<グッピー>の場合と同じ結果、
赤系発色が黄色側に傾く、という結果になりました。
 このタイプはどうもエンドラ赤がつぶれて、見栄えしないのですよね。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

レースがかかると赤発色が黄色側に傾くような印象がありますが,赤だけでなくエンドラ・オレンジにも作用する形質がレースXにリンクしているのでしょうか?
投稿者:花やん
エンドラーズレースからでしたか。
レース系に混ぜると特にエンドラの色が薄くなってしまうんですよね。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

熱帯魚店@滝野川に新店長が就任されてからお店が新座に移転してしまうまでの間に,一度だけ同店を訪れたことがありました.店内でショートテールを物色しておりましたら,ピカピカ・ギラギラのエンドラーズレースが展示してありまして,たずねてみますと「レースが固定してないからいろいろ出るけど,それでかまわないんだったら売る」とのお話でした.いろいろ出たほうがこちらは好都合なので,喜んでいただいて持って帰りました(このすぐ後から飛行機の機内持ち込みの取り締まりが厳しくなりましたので,今ならたぶん「ポリ袋に入った怪しげな液体」は持って帰れなかったでしょう).

で,仔を採って選んで....ってして得られたのが「色あせたエンドラレース」と「尻尾がライアテールの出来損ないみたいに絞り込まれるエンドラ系」と「尾基部に目玉模様のあるエンドラ系」の3系統です.という経緯で,私の元にこのような魚がいるわけでございます.

この目玉模様をリンクするXは背びれの配色が良くなくって,残念ながら排除対象でした.ご存知のとおり,Y-ジャパンブルーのように,ショートテール系のYは背びれ着色が貧弱な形質を載せているものがありますので,Xリンクで尾びれと同系色柄の背びれ発色の形質を持つものを組み合わせて作らないと,結局背びれがヌケてダメ出しになってしまうので,そういう方針でした.

見栄えのする,良い孔雀班なんですけどね.
投稿者:花やん
 そうそうこのオスどこかで見たことあると思ったら、遠藤君とリオタキノ♀の交配でした。リオタキノ系はいなかったのでしたっけ?
投稿者:花やん
なんも混ぜてない=エンドラーズライブベアラ
 お説通りと思います。
 でもここが問題で、ほんとうに混ぜてない?入手する前まで遡って?純系って維持するの大変なのよ。みすぼらしい直系と元気いっぱいピカピカの雑種どっちがいい?結論はあと10年待たないといけないでしょう。
投稿者:yochi
私が幼少の頃,熱帯魚をキープしている子供達がグッピーやエンゼルの仔が採れたとき,それをお店に持ち込んで売ろうとする,というようなことをしているのを垣間見たことがあります.購入時にさえ「増えたらいくらで買ってくれる?」というような発言も....子供心にどす黒い不純なものを感じた記憶があります.

まぁ,素人が増やしたグッピーは商売モノにならないので,たぶんお店の人は『迷惑』だったろうなぁ,と思うのですが.....

あ,でも,数年前に商店街の大衆熱帯魚屋さんで,素人から引き取ったグッピーを販売しているのを目撃したことがありました.体色が柿色系のプラチナ・ソードなしソードで,小ちゃな小ちゃな体躯で腰細,背びれが透き通るような透明(ぜんぜんダメじゃん!!).で,「国産ワイルドフォーム」って,無茶すんなよ.
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

私のような素人ではむしろこの魚種が単独種目とした商売が成立すること事態が驚きです.あまりに普及していて「珍しさ」がなく,丈夫で良く増えるが寿命の短い小魚....この条件ならば「愛好家間の物々交換で細々と続くディープな世界」というイメージなのですが.....アジアン・ブリード=ペア500円として,薄利多売が成立するほど数は売れないでしょ.一方,有名ブリーダから仕入れる「国産・純系」ならば値段に割高感があって売れにくいだろうし,すぐ売れなかったらピーク過ぎて落ちちゃうし.....とても儲かるとは思えません.なんか利益が出る経済法則とかあるのでしょうか?
とくに○だか館part1みたいなグッピーを専門に扱っているお店さえありますけど,ちゃんとゴハン食べて行けるのでしょうか?
ここをご訪問いただいている方で,過去に観賞魚店勤務のご経験があり流通にお詳しい方がおられましたらぜひご教示いただきたいものです(なんか名指ししてるような希ガス....).
投稿者:サーザ
結局、「三角尾鰭」が行き着くところまで行ってしまった為に「エンドラーズ」の名を冠して何とか目新しい錯覚を誘う恣意が感じられると思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ