BLOG talk

ようこそ,yochiのBLOG talkへ.おかげさまで2004年から長々とここまで来ることができました。ご来訪いただいた皆様のご愛顧に感謝の意を表します。"gup"の記事は,九州界隈でも容易に手に入るようなありふれた素材を使って,皆が知っているようなことを,自分の手でやって自分の目で確かめる....というコンセプトです.あなたもgupライフをお楽しみください.

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yochi
あ、どうも。コメントありがとうございます。

花やんさんにいただいたイリドやメヒコのメスをプラケースに泳がせて見て、最初の印象が....言葉にするのはちょっと難しいのですが....「目の後ろから背中、お腹の後ろまでの側面の立体感が微妙に角ばっている?というか、ずん胴?いや違うなぁ?角の取れた箱....そう、ハコフグのような風合い」でした。体側も色味が濃いめで少し青みがかった灰色ですよね。それまで、私が知っていたアジアのソードや、別府や沖縄の野良、などの無地丸尾メスがもつ黄褐色で丸っこいフォルムとは異なり、何か不思議な違和感をもった鮮烈な記憶があります。

筒井良樹さんの書いたものに、よく色柄のことを取り上げてgupのバリエーションが異種交雑でできてるって断言してあって「ふ〜ん、そういう意見は当然あるよなぁ」くらいに思っていましたが、いわゆる「花やんさんと愉快な仲間たち」の皆さんは、色柄だけじゃなく、行動とか何気ないカタチを毎日見ていることでゆるぎなき「確信」があったんでしょうねぇ。

そういえばエンドラーズが混じったタイプのメスも吻が尖って、アタマとシッポをぎゅ〜っと引っ張って伸ばしたみたいに、体躯が長くなりますよねぇ。え?それは餌不足で痩せてるせいだって?いやいや、ほんとにカタチ、かなり違うと思いますよ。
投稿者:花やん
 我が家のgupは各所のワイルドからの血を引っ張っているのでかなり性格の違いがあると以前から感じていました。メヒココロンビア系はその中にあっては穏やかな方なのですが。それでも某観賞魚イベントで行方不明になり撤収時にフィルターの中で見つかったことがあります(排出孔に逆らって泳いだため)グッピーの性格についてはそんなわけで確かに系統の癖のようなものには気づいてはいるのですが、なかなか更生させることができないものです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ