BLOG talk

ようこそ,yochiのBLOG talkへ.おかげさまで2004年から長々とここまで来ることができました。ご来訪いただいた皆様のご愛顧に感謝の意を表します。"gup"の記事は,九州界隈でも容易に手に入るようなありふれた素材を使って,皆が知っているようなことを,自分の手でやって自分の目で確かめる....というコンセプトです.あなたもgupライフをお楽しみください.

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

亜細亜ソードについては来月頃に記事にしようと思っておりましたが,私どもの田舎では週1回の店頭入荷時には既に「輸入グッピー・メス各種」が1袋10尾入りとなっており,その中に混じるゴールデン体色から,さらに無地尾びれのものを見出すことはかなり困難です.現在,私の手元にあるメスは,お店に行ったその週に偶然にもゴールデンコブラやフラミンゴの入荷がなく,黄化モノはソード系1尾だけだったので,そのメスを100円で拾ってきたものです.まぁ,メスが売ってなくても買ったオスが若ければ,タキシード・メスにかけてその娘にもう一回かけてXを揃えれば良いのですが....そこまで手間をかけるのもナニですし.....

また,ご指摘の画像は昨年11月7日付の記事でもコメントをいただいた三多摩と同系のものです.前にも書いたとおり,三多摩が飛んで黒なしダブルソードにならないかなぁと思って待っているのですが....もうすっかり紅が消え去り地味に黄色いダブルソードと化しておりますが,ご覧のとおりとりあえず元気さだけは一級品です.体側誇示はこれといった武器を持たない小魚が腕力を活かすための数少ない行動様式のひとつですが,この個体は特に気が荒くていつもまわりのオスにガン飛ばし,ブイブイやっていて困りものです.
投稿者:Cinnamon
yochiさんお邪魔します。
アジアンブリードのゴールデンダブルソードはかなり完成された品種ですよね ^_^
♀さえしっかり選んで抜ければほぼ100%の固定率で並みの国産なんて目じゃないです(笑)

下の写真は「サンタマリア」ですか?(^^ゞ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ