BLOG talk

ようこそ,yochiのBLOG talkへ.おかげさまで2004年から長々とここまで来ることができました。ご来訪いただいた皆様のご愛顧に感謝の意を表します。"gup"の記事は,九州界隈でも容易に手に入るようなありふれた素材を使って,皆が知っているようなことを,自分の手でやって自分の目で確かめる....というコンセプトです.あなたもgupライフをお楽しみください.

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

gup飼育のアイテムとしてお馴染みのブラインシュリンプはこれに見た目が似てますが,アルテミアがBranchinellaの「仲間」というには,両者はちょっと遠縁すぎですかね.A. salinaを玩具化した「シーモンキー」は昔々の思い出.水産学では養殖業における稚魚の初期飼料の本命.世界中で大量に取引されており,ある業者さんのwebサイト(ttp://www.brineshrimp.jp/index.html 直リンご法度)にソルトレークで耐久卵を大量採取している現場を航空写真で撮ったという豪快な画像が紹介されております.このくらい大量生産してないと実用的じゃないのだろうが....圧巻です.
投稿者:サーザ
う〜ん成る程。企画倒れだったんですね。残念。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

カブトエビ飼育用玩具を2度ほど扱ったことがありますが,一度はホウネンエビも生まれてきました(よほど縁があるのか....).
ホウネンエビは二十数日,カブトエビは40日ほど生きるようですが,この間(広いフィールドの栄養豊かな水田土壌・用水で育つ代わりに)水槽に入れて給餌で育てるにしては容器が小さすぎると思います.玩具なのでお手軽感が不可欠なのでしょうが,なにぶん相手が相手だけに「濾過」や「水換え」もままならず....水面に油膜が張って酸欠・水質悪化が懸念される状態に陥りやすいと思いました.生き物上手な大人でないとうまくいかないでしょう.
子供達の夢と期待を裏切る,企画倒れのダメ商品だと思っているのは私だけではないと思います.
投稿者:サーザ
ご無沙汰しております。私も「カブトエビ」の方がすきです。昔、小学生の頃、「カブトエビ飼育セット」と云うのが売り出されて買いましたが、上手くいきませんでした。残念だったのを思い出しました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ