BLOG talk

ようこそ,yochiのBLOG talkへ.おかげさまで2004年から長々とここまで来ることができました。ご来訪いただいた皆様のご愛顧に感謝の意を表します。"gup"の記事は,九州界隈でも容易に手に入るようなありふれた素材を使って,皆が知っているようなことを,自分の手でやって自分の目で確かめる....というコンセプトです.あなたもgupライフをお楽しみください.

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

私は人間のトモダチがいなくて生き物と図鑑と暮らしていたので,本をあまり手荒く扱ったつもりはないのですが,どれもボロボロでした.「学ぶ」とかいうのではなく,「いつもその中に身を置いている」という感覚に幸福感があり,それが重要なのだと思います.
投稿者:Cinnamon
yochiさんご無沙汰しております。
先日はメールありがとうございました。

皆さん真剣な方はそれぞれ名作の古文書をお持ちなんですね ^_^ いやぁ日本一の夢は遠いです(笑)

いんたーねっつだけで育った熱帯魚○僧はろくなこと書けないのでダメですよwやっぱり少年期に図鑑がボロボロになるぐらいまで見た経験と実践経験が合わせてないとwww

なんて暴言?失礼致しました(^_^;)
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

下の本は,私が最も尊敬する魚学者のひとり,杉浦宏先生がお書きになった熱帯魚本(けっこう数が多い)のうちの一冊です.内容は概ね初心者向けで,ほんの数ページだけ卵胎生魚が載っていますが,ご覧のとおり美しく,レトロなファンテールのアクティブな姿を見ることができます(水族館の方らしい捉え方ですね).ご存知のとおり,先生は日本大学のOBで,恩賜上野動物園の両生爬虫類館の前身である水族館や,井の頭水生文化園など,主に魚飼育の現場でお仕事をされ,Ph.D.もたぶん日大で取得しておられ,同大学の講義も持っておられたと思います.あぁ,「こども電話相談」の先生としても著名な方ですね.

様々な魚種についての解説は広く浅くがモットーなのか,マニアには少々物足りないかもしれませんが,柔らかくわかりやすい文章で綴られ,読む人に「あぁこの魚を一度飼ってみたいなぁ」と思わせるすばらしい表現者だと思います(僭越ですが....).
投稿者:花やん
さすが読み込んでいらっしゃいます。
 下の本は見覚えがないです(汗)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ