BLOG talk

ようこそ,yochiのBLOG talkへ.おかげさまで2004年から長々とここまで来ることができました。ご来訪いただいた皆様のご愛顧に感謝の意を表します。"gup"の記事は,九州界隈でも容易に手に入るようなありふれた素材を使って,皆が知っているようなことを,自分の手でやって自分の目で確かめる....というコンセプトです.あなたもgupライフをお楽しみください.

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yochi
あ,どうも.度々ありがとうございます.
投稿者:花やん
おっしゃる通りChinese areaの混沌の中からはとんでもないものが出てきます。
 種の概念、セオリーなんてあったもんじゃない、目新しい、珍しい→人が持ってない→高く売る のは、金魚でも昔から発揮されてきた精神でしょう。あ、レアアースも同じですね。
 フラワーホーンといえばDNAを誰か調べてほしいものです。

http://hanayan-guppy3.blog.so-net.ne.jp/
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

専門誌やネット上では,1990年代って大騒動でしたよねぇ.想像するに,ネット交流とか個人輸入とかわりとやりやすくなって,ローカル封鎖的な日本gup世界に,(業界バイアス無しで)欧州魚・米国魚が導入され,一方でアジアではとんでもない変異が次々に商品化されて....ハイレベルのマニアはともかく,シロウトの普通の人々がユニークなgupを比較的容易に手にすることができるようになったと思います.

未だに不思議なのは,アジアっちゅーか華僑パワー.
80年代のチャイナパワーといえば「蛍光塗料」とロングフィンくらいなものだったのに,90年代に入ると,ホンの2〜3年の間に多種多様な熱帯魚種で次から次へと「ばる〜ん」ができて輸入されてきたでしょ?ディスカスはピジョンブラッドとか赤点々とか(あまり上品とは言えない)ビックリ色に変わったし,アジアアロワナは赤や金色になっちゃったし,アメリカンシクリッド類のどこをどうかき回したらフラワーホーンみたいな魚ができるのか.....

チャイナパワー,凄いです.
投稿者:花やん
単なるコーラルコブラじゃなかったのですね。Xコブラは恐らくかなり昔からいたのじゃないかと思います。文献上では(笑)散見されますが、その頻度が上がってきたのは前世紀末くらいだと見ています。その誘因になったのは恐らくプラチナ(フルゴールド・・100万円グッピーですね、、失笑)だろうと。
 

http://hanayan-guppy3.blog.so-net.ne.jp/
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

いや〜,単純な組み合わせで,特に珍しい発想というわけでもないでしょう.

ただし,悩み事はありました.

私自身,結構なコブラ好きであるにも関わらず,幼少の頃からずっと色付きのコブラ系を扱っていたために,コブラがXに飛んだメスを拾うことができませんでした.あるオスの体内でコブラXが作られたとして,同系メスとの間にできてコブラXを受け継いだ娘のXXの片っぽがモザイクやレッドテールなどの色付きだとコブラXが隠れてしまうんですね.色んなコブラ系を育てるようになって,やっとXコブラを拾ったのは今世紀になってからでした.
ご存知のとおり,gupのオスがもつ様々な色合いの多くはYリンクの形質と密接な関連がありますから,コブラXを持っていれば当然これとカラフルYを組み合わせてみたいと思うものです.
ところが,コブラの「うにょうにょ発色」が有する特質か,あるいはコブラと連鎖している形質なのかわかりませんが,普通のコブラ肌では赤系の発色が抑制されて色が褪せたり消えたりするでしょ?XリンクになってもどうやらコブラにはそのケがあるらしくってコブラXにカラフルYを合わせた魚はなかなかカラフルコブラになりませんでした.

さてそこで,近年アジアから入ってホームセンター等で売られるワンコインgupのコブラの中にミカリフのソリッド抜けみたいなヤツがいて,こいつらは体側に紅色を発色してるでしょ?ここBlog talkでは「赤許容型コブラ」と呼んでこの後代を採り,その中からコブラXを得ました.そこで,今回の記事の系統に至ったわけですが....これまで私の下で持っていたコブラXより赤発色が(少しは)ましなように見えます.ホントのところはどうだか確かめてないので全然わかりませんが,私の脳内世界では「赤許容型コブラX」と空想しています.で,これがYに戻った時に紅形質をツブしてしまっては何にもなりませんが,もし紅とコブラがY上で共存できれば....「紅コブラ(エロンガートゥス)ダブルソード」なんて楽しそうじゃないですか?

あ,やっぱり三角尾びれで,レッドスネイクかま〜ん!ですかねぇ,商業的には.....
投稿者:よこちゃん
こ、こ、これは言うなればコーラルレースダブルソードではないですか!よく考えたら見たことなかった組み合わせです♪背びれもレース模様で素敵です。ぜひYコーラルレースに固定してオリジナル名を命名してください^^

http://gupiyoko.blog.so-net.ne.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ