BLOG talk

ようこそ,yochiのBLOG talkへ.おかげさまで2004年から長々とここまで来ることができました。ご来訪いただいた皆様のご愛顧に感謝の意を表します。"gup"の記事は,九州界隈でも容易に手に入るようなありふれた素材を使って,皆が知っているようなことを,自分の手でやって自分の目で確かめる....というコンセプトです.あなたもgupライフをお楽しみください.

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

魚の見栄えは照明でずいぶん変わりますし,そのへんは写真を得意技とする方々がお詳しいと思います.でもまぁ,ストロボ前置きだと青とか緑に見えるところは色が上がりますが,それだと黒いところも青光が入るし,紅・黄色はあまり変わらないので,黒斑がしっかり見えて紅・黄が濃ければ,ホントにそのような色なんだろう....と.花やんさんが指摘されているように,ベトナム仔たちは観賞用系統の「強く発色する性質」を受け継いでいるのかもしれません.配色は普通の野良とあまり変わらないようですが,紅などの色を載せるエンジンが大きいんでしょうねぇ.

私のところのベッピーは川にいた世代からずっとこんなもんです.育種素材としては使いみちがないので,とりあえず観賞用で仔を採ってまして,水槽の中で生まれても野趣を少しでも持たせられるかな?とご覧のとおり青水飼育ですが,効果の程は???たぶん無いでしょう.はっはっは.
これまで,指宿から掬って帰ってきたことは無かったのですが,今は九州新幹線が全線開通して博多から鹿児島まではパッといけるので....ただし,あの辺はコクチモリとかカダヤシが混じるんですよ.モリは邪魔になるだけですが,Gambusiaを持って帰るのは「犯罪」ですからねぇ.やっぱり掬って遊ぶなら断然「別府」ですね.


ところで,温泉街→アジア→と来たら,次はやっぱり,いよいよ原産地?「いつかきっとベネズエラ」?....あるいは「あの人」みたいにエンドラーズ現地買い付けとかも楽しそう....でもやっぱり中南米は行くだけでも大変でしょうね.
投稿者:niziiro
どうも初めまして。
こちで紹介されている素晴らしい魚たち、どれも僕のど真ん中なので、以前からブログの更新を楽しみにさせてもらっている一人です。
今回、ベトナムというキーワードにもしかして自分のことでは!?と思い、初めてコメントさせていただきます。

子どもたちの色の濃さは実際フラッシュ効果が大きいです!(ここだけの話、笑)
確かに親は強烈な発色でした野外と室内ではこんなに違うのか・・・と思うほどに。(輸入直後の外産グッピーがいい例ですね)
ですから野生で育った「別府グッピー」の良さすごくわかります。その昔、温泉そっちのけで温泉街を転々としたこともあります(笑)
近くでグッピーがとれるなんて羨ましいです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ