BLOG talk

ようこそ,yochiのBLOG talkへ.おかげさまで2004年から長々とここまで来ることができました。ご来訪いただいた皆様のご愛顧に感謝の意を表します。"gup"の記事は,九州界隈でも容易に手に入るようなありふれた素材を使って,皆が知っているようなことを,自分の手でやって自分の目で確かめる....というコンセプトです.あなたもgupライフをお楽しみください.

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

眼状斑というのは親兄弟で出る位置とか数が違うのはもちろん,一個体の右側と左側でけっこう違っていたりして驚きます.画像の魚も,左を向いているときは背中側に黒点がないので,写真を撮るとき「あれ,二つ目はどこにいったっけ?」と探さなくてはなりません.

沖縄本島には,色柄のバリエーションに加えて,尾のソードが伸びるものが混じる個体群があるそうで,展覧会でもいろいろでしたね:

http://www.u-gakugei.ac.jp/~biology/karino.htm

でも,「採集」となると,ヘビが怖いですよ.冬なら良いでしょうか?
投稿者:niziiro
これこれ、こういうグッピー好きです。
これは先日のペッピーですか?
背中にある2つのスポットの周りに滲むような白の発色がアクセントになっていて良いですね。

実際、本場の生息地にもすごく興味があります。特にパナマですかね・・・。以前どこかの本でパナマ産のワイルドを見てから、ずっと気になっていて憧れの存在ですね。同じ個体は不可能でしょうがチャンスがあれば手に入れたいです。
ですが、憧れはあくまで憧れ。今は沖縄でグッピー採集ツアーがしたいです。去年の展示会でも紹介されていましたが、やっぱ僕は改良種でも原種でもない野良種が好きみたいです(笑)
尾はクリアで体には黒いスポット、黄、青、緑、赤が並び赤と青が混ざって腰辺りが赤紫になっていると、もう言うことありません。これ以上書くと長くなりますからこの辺で(笑)
長々と失礼しました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ