BLOG talk

ようこそ,yochiのBLOG talkへ.おかげさまで2004年から長々とここまで来ることができました。ご来訪いただいた皆様のご愛顧に感謝の意を表します。"gup"の記事は,九州界隈でも容易に手に入るようなありふれた素材を使って,皆が知っているようなことを,自分の手でやって自分の目で確かめる....というコンセプトです.あなたもgupライフをお楽しみください.

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

あ〜いやいや,ザリガニ話はあれです,マタ聞きということで....ぜひ機会があれば一度お店におうかがいしたいと思っております.

それはそれですが,私は引きこもり的人生五十年で,三十数年間プロショップに出入りしてますが買い物するときの「あの,これ◎◎尾,お願いします」「はぁ」「あ,どうも」というセリフ以外に,何かしゃべったことはたぶん2〜3回くらいしかありません.買い物がなければ一言もしゃべらずにお店を出ます.筒井良樹さんのお店に数回行ったことがありますが,あの人はなんかいろいろおっしゃってましたが私は「はぁ」しか言ってないです.

昔の博多あたりではペットショップのこだわりヲヤジってコワい人多かったんですよ.相手が小中学生だとナメて睨みつけたり怒鳴ったり....カネ出す大人には愛想が良いくせにねぇ.何しろそういう田舎で人格形成してずっと生きてきてますので,たぶんお店にうかがっても声をおかけするとかそんな大それたことはできないと思います.まぁ怪しげで無愛想な客でも,まったりと見守ってあげてください.とくに子どもにはやさしく.....


そうそう,ここBLOG talkでのコメントに対するお返事パターン「あ,どうも」は私が熱帯魚店で袋詰めしていただいた商品を受け取るときのキメ台詞なのでした.このくらいだったらしゃべっても胃が痛くなったりしないので.....
投稿者:まっちゃん
だって大丈夫ですもん(笑)
調子が整っている魚は鈍臭くはありませんよ!
やられてしまう魚はザリガニが居なくてもお星様ですわ!
ん?それを知ってると言う事は、ご来店ありなのですね!
もぉ〜大物グッピーブロガー様がお声をかけて頂けないのは、もはや失礼過ぎますよww(笑)

http://aqua-station-matu.blog.so-net.ne.jp/
投稿者:yochi
あ,どうも.コメントありがとうございます.

まずは寒中お見舞い申し上げます.

Aバスにつきましては,別にエネルギッシュというわけではございませんで,JR電車からモノレールに乗り換えて羽田空港に向かうという移動で浜松町を歩いていた....ということでご理解ください.

gupは観賞魚なので気持ち悪い模様はNGでしょう.これは,あれですか,巷で「関西のオバちゃん模様」とか言われていたものと同類なのでしょうか?私のところでは「仕上げ」なんてとんでもないです.まぁ田舎でちょっと飼ってみた,というお話です.




やぁ〜!吹田のお店ですか?イイですねぇ!きっと楽しいお魚がイッパイいて楽しい時間を過ごすことができることでしょう.
ただし,「生き物を弄る」という私の仕事柄,やはり,もしも一個の水槽にザリガニと日淡魚を同居させたりするのを見ると....大将に「大丈夫」って言われても,やっぱり見るだけでストレスが溜まってしまうのではないかと....私,アタマがカタいんですよ.あれ,今もやっておられるのかな?はっはっは.
投稿者:よこちゃん
あけましておめでとうございます。
なかなか自分が更新できない中、Yochi先生の記事を楽しみに拝見しております^^
先日はなぜか浜松町に出没されていたという(笑)裏情報を入手しております。出張中のお忙しい中、少しの時間でも魚関係を回ってらっしゃるエネルギー、見習わせていただきます♪
大阪に行かれる際はぜひ吹田のアクアステーションも寄ってみてください。きっと楽しい時間を過ごせることと思います。
さて、この暗黒世界の使者のようなインパクトのある色彩、面白いですね。Yフルレッドにショッカー系♀(Xコブラ)の組み合わせでしょうか?
以前、フラメンコにフルブラックをかけたりで、このような赤黒の妖しいまだらな色彩の魚が出来たりしましたが、着地点を見いだせず、消えてしまいました。
Yochi先生流に仕上げていただけるのを楽しみにしております^^

http://gupiyoko.blog.so-net.ne.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ